人気ブログランキング |
ブログパーツ
注目トピック
2018年 12月 21日 |
f0197821_15245683.png

今年も残すところ、あとわずかになりました。
年末年始の営業スケジュールをおしらせします。

●鳥取たくみ工芸店
12月30日~2018年1月3日
までお休みとさせていただきます。

●鳥取民藝美術館
12月30日~2018年1月3日
までお休みとさせていただきます。

●たくみ割烹店
2018年1月1日
をお休みとさせていただきます。


2018年 12月 16日 |
今月のたくみ21は、生誕1300年となる万葉集を編さんした歌人、大伴家持について講演して頂きます。

【内容】『万葉集』の最終編者とされ、歌人としても高く評価されている大伴家持は、天平宝字3(759)年1月1日、因幡国庁において万葉集の最後を飾る歌を詠んだ。歌人そして名門貴族「大伴」の嫡男として天平の世を生きたその人物像の一端を話してみたい。
f0197821_11344248.jpg


【講師プロフィール】 野﨑欽五(のざききんご)
(公財)鳥取市文化財団 参事監。福島県いわき市出身。日本大学文理学部史学科卒業。専門は考古学(弥生時代)。母校にける研究室勤務を経て、平成15年に鳥取市歴史博物館に勤務するため鳥取市に転居。近年は奈良時代および大伴家持にひかれて学んでいる。現在、青谷上寺地遺跡展示館に学芸担当として勤務。日本考古学協会会員。

たくみ21 参加申込はその1.たくみ割烹店へ電話して下さい。 → TEL.0857-26-6355その2.たくみ工芸店へメールで申し込んで下さい。← Click here!(注)メールの場合は、前々日までにお名前・人数等をご連絡下さい。   満席の場合はご容赦下さい。 メール等で返信させて頂きます。『たくみ21』とは…鳥取の文化や民藝などについて 「楽しく学び」、食事をしながら講師を交えて 「楽しく交流」 する会です。年会費等はありません。どなたでも参加でき、参加したい時だけ会費が必要です。どうぞお気軽にご参加ください。::::::::鳥取民藝協会会員募集のご案内::::::::詳細はこちらからご覧下さい。'''''お問合せ先''''''鳥取たくみ割烹店電話 0857-26-6355お問い合わせメールにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
にほんブログ村



2018年 12月 01日 |
こんにちは


ギャラリーたくみでは11月30日(金)から12月17日(月)まで「日本の染織」を行っています。
f0197821_10411717.png



コースター、のれん、卓布、ストールなど日本の手仕事の品々を取り揃えています。
人間国宝芹沢銈介に弟子にあたる山内武志さんの型染めの仕事はとても見ごたえがあります。
今展では椅子敷きを多数取り揃えました。
皆様のお越しをお待ちしています。

f0197821_10413856.png
f0197821_10413727.png
f0197821_10413733.png
f0197821_10413845.png
f0197821_10430111.png
f0197821_10430129.png
f0197821_10430059.png






〈ギャラリーたくみ〉
日本の染織
ギャラリーたくみ(鳥取たくみ工芸店2階)   
会期 11月30日(金)から12月17日(月)
   午前10:00 ~ 午後18:00

〈鳥取民藝美術館〉
生誕120年記念展 吉田璋也蒐集 中国陶磁
会期 9月23日(日)から4月7日(日)
   午前10:00 ~ 午後17:00
  (休館日:毎週水曜日)




(田中)
'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2018年 11月 10日 |
こんにちは


ギャラリーたくみでは11月9日(金)から11月26日(月)まで「あったか展」を行っています。
f0197821_11475623.png



日本各地はもとより、他国からも、暖かさと温もりを感じさせる優れた手仕事の品々を展示・販売致します。

また今展ではキリムを多く展示しております。

キリムとは元々中央アジアから西アジアの遊牧民の織物で、部族や地域ごとに祖母から母、娘へと受け継がれた伝統的な技法や模様にその特徴があります。

絨毯と違って毛足がないキリムは、夏はさらっと涼しく、冬はウールの暖かさがあり、オールシーズンお使い頂ける織物です。

手織で草木染で作られているオールドキリムもございます。

皆様の是非足をお運びください。

f0197821_11482904.png
f0197821_11482913.png
f0197821_11482882.png
f0197821_11482743.png
f0197821_11482620.png
f0197821_11482666.png






〈ギャラリーたくみ〉
あったか展
ギャラリーたくみ(鳥取たくみ工芸店2階)   
会期 11月9日(金)から11月26日(月)
   午前10:00 ~ 午後18:00

〈鳥取民藝美術館〉
生誕120年記念展 吉田璋也蒐集 中国陶磁
会期 9月23日(日)から4月7日(日)
   午前10:00 ~ 午後17:00
  (休館日:毎週水曜日)




(田中)
'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2018年 11月 05日 |
11月20日のたくみ21は
「ヒマラヤの魔女とファルス信仰-ブータンから西北雲南の旧チベット領まで-」がテーマです。
講師 浅川滋男(公立鳥取環境大学教授)・森彩夏・谷愛香(公立鳥取環境大学学生)

f0197821_15554944.jpg

【内容】
ヒマラヤ山脈周辺を魔女が支配しています。チベット、ブータンなどでは古くから自然崇拝を重視する「ボン教」が信仰され、土地の隅々に精霊や女神が息づいていました。7世紀、仏教がヒマラヤに入ってきます。仏教はボン教を邪教とみなし、自然災害や不幸が生じると、ボン教の「魔女」や「悪霊」が原因だとし て、それらを浄化(調伏)し「谷の守護神」として仏教側にとりこんでいきます。この浄化の過程で有力な手段となったのがファルス(男性器)です。講演では、前半でチベットを代表する神山「梅里雪山」との出会いを述べ、後半でブータンに躍動するファルス信仰を紹介します。


たくみ21 参加申込はその1.たくみ割烹店へ電話して下さい。 → TEL.0857-26-6355その2.たくみ工芸店へメールで申し込んで下さい。← Click here!(注)メールの場合は、前々日までにお名前・人数等をご連絡下さい。   満席の場合はご容赦下さい。 メール等で返信させて頂きます。『たくみ21』とは…鳥取の文化や民藝などについて 「楽しく学び」、食事をしながら講師を交えて 「楽しく交流」 する会です。年会費等はありません。どなたでも参加でき、参加したい時だけ会費が必要です。どうぞお気軽にご参加ください。::::::::鳥取民藝協会会員募集のご案内::::::::詳細はこちらからご覧下さい。'''''お問合せ先''''''鳥取たくみ割烹店電話 0857-26-6355お問い合わせメールにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
にほんブログ村