ブログパーツ
注目トピック
2008年 11月 08日 |
f0197821_8534188.jpg
「来鳥手帖」という冊子をご存知ですか?

お菓子研究家・福田里香さんと
みつばちトート店主・束松陽子さんが

“民芸”に導かれるようにして訪れた鳥取のことを書き綴った旅行記です。

一般書店での取り扱いはほとんどありませんが、
2004年の発行以来増刷を重ねる、知る人ぞ知るロングセラーです。

その中で、メインで取り上げていただいた鳥取民藝美術舘ですが
「来鳥手帖置いてないですか?」
というたびたびのお問合せにお応えすることが、これまでできませんでした。

満を持しての販売開始です。

民芸は良く知らないけど、ちょっと興味がある
といった若い人にぴったりのどこか愛らしい冊子です。

鳥取民藝美術舘、たくみ工藝店のいずれかでご購入できます。

ぜひご一読くださいませ。


たくみ工藝店はというと、先月のあけびに続き
またまた珍しい果実をいただきました。

その名も「むべ」という、
古くから宮中にも献上されているといういわれある実だそうです。

紅くてコロンとした実がかわいらしいです。

味はあけびとよく似ています。
f0197821_8535878.jpg

*むべ【郁子】
別名をトキワアケビといい、落葉性のアケビに対して常緑。
小葉は三枚、五枚、七枚と七五三に出るのでおめでたい木とされている。
花期は、4~5月。花弁がなくがく片が6枚、外側は緑白色で内側は暗紅紫色。





'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工藝店
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2008年 11月 02日 |
f0197821_17234493.jpg
秋も深まり、民藝美術舘前のハナミズキの葉も紅く色づいています。

あたたかいものが恋しくなるような季節です。

たくみ工藝店ギャラリーでは、この季節にぴったりの展示会が始まりました。
青谷町にある山根窯の窯元・石原幸二さんの作陶展です。

飴釉と灰釉を中心とした温かな色合いの作品群は、モダンでありつつも、どこかノスタルジックな魅力を感じさせます。
幅広い層に人気の山根窯。
会場には若い女性の姿も目立ちます。
f0197821_1724277.jpg


なんといっても、会期中は、ギャラリーにて石原さんご本人にお話を伺うことができるのです。
制作のこと、使い方のこと、いいなと思う器を見つけたら、なんでもたずねてご覧になってください。
気さくに丁寧に教えてくださいますよ。

この日はご夫婦でギャラリーにいらっしゃいました。
朗らかなお二人と素敵なうつわのおかげで、たくみ工藝店もほんのり暖かくなったようです。
f0197821_17251682.jpg

会期は今月10日までです。
f0197821_17242984.jpg
f0197821_17243730.jpg
f0197821_17245127.jpg
f0197821_1725443.jpg




'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工藝店
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2008年 11月 01日 |
f0197821_133502.jpg

『たくみ21』とは…

鳥取の文化や民芸などについて
「楽しく学び」、
食事をしながら講師を交えて
「楽しく交流」
する会です。

年会費等はありません。
どなたでも参加でき、参加したい時だけ会費が必要です。

どうぞお気軽にご参加ください。


::::::::会員募集のご案内::::::::

詳細はこちらからご覧下さい。


'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ割烹店
電話 0857-26-6355
2008年 10月 31日 |
昨日あったものが今日になく、昨日なかったものが今日にある。

そんな時の流れの中で、少しづつ少しづつ分かってき事、
土の事、釉の事、窯の事。

まだまだわからない事ばかりですが、今の自分の気持ちにしっくり来るものを追い求めて、作陶を続けております。

今回の会も是非見て頂きたいと思います。

会期中は会場にいます。

山根窯・石原幸二

f0197821_9393137.jpg


山根窯・石原幸二作陶展
【会期】平成20年10月31日(金)~11月10日(月)10:00~18:00(水曜定休)
【場所】鳥取たくみ工藝店 2階ギャラリー 〒680-0831鳥取市栄町651




'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工藝店
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2008年 10月 26日 |
f0197821_1453962.jpg

鳥取県民工芸講演会「とっとりの手仕事のある暮らし」が
開催され、講師でイラストレーターの安西水丸さんが
鳥取民藝美術舘、たくみ工藝店、たくみ割烹にいらっしゃいました。

安西さんは鳥取の風物や工芸品がお好きで、
たくみ工藝店のお得意さまでもあります。

f0197821_1474122.jpg昨日の講演会を終えられ、
本日は朝一番でお気に入りの
山根窯(大好物のカレー用
皿としてご愛用)へ向かわれたそうです。

窯元の石原幸二さんと初めて歓談され、

「とっても気さくなひとでした」

と、嬉しそうにおっしゃったのが印象的でした。

河原町の中井窯へ移動する道すがら、
たくみ工藝店にて物色中です。

 
安西さんが「好き」とおっしゃる鳥取の姿、かたち。
”軽さ”という言葉で表現なさった鳥取の”味”が、安西さんの描くイラストレー
ションにも通じるように思えて、興味深いお話でした。

鳥取城址でお弁当を食べるのがお好きだそうです。
鳥取人として、安西さんのような鳥取通がいらっしゃることを
とてもこころづよく感じます。

またのご来鳥を、楽しみにお待ちしております!

f0197821_1492532.jpg

(最後の写真は先日一般公開を終えたばかりの吉田医院での一枚です。
お掛けになっている内科診察室の椅子を一目ご覧になって
「ぼくもこの椅子持ってます」と喜んでおいででした。)




'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工藝店
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール