人気ブログランキング |
ブログパーツ
注目トピック
カテゴリ:たくみ21( 138 )
|
|
2020年 01月 30日 |
【内容】浅沼喜実(明治39年~昭和60年):鳥取生まれ。戦前吉田璋也と出会いと東京たくみ工芸店の店長として、山陰などの民藝を全国に紹介。戦後、鳥取市文化団体協議会、鳥取文芸懇話会、鳥取市社会教育事業団などの創設に尽力。鳥取の文化推進に情熱を傾けた。
たくみ21 2月例会のご案内 浅沼喜実とその周辺_f0197821_16220122.jpg

【講師プロフィール】竹内道夫(たけうちみちお)
昭和27年生まれ。在京中、大江賢次、白井喬二の知遇を得る。主に鳥取県の近代文学史、近代女性史を研究。平成16年、鳥取市文化賞。著書『鳥取県文芸史』『伯耆の近代文学史』、編著『ふるさと文学館―鳥取』『覚書杉原一司』など。

たくみ21 参加申込はその1.たくみ割烹店へ電話して下さい。 → TEL.0857-26-6355その2.たくみ工芸店へメールで申し込んで下さい。← Click here!(注)メールの場合は、前々日までにお名前・人数等をご連絡下さい。   満席の場合はご容赦下さい。 メール等で返信させて頂きます。『たくみ21』とは…鳥取の文化や民藝などについて 「楽しく学び」、食事をしながら講師を交えて 「楽しく交流」 する会です。年会費等はありません。どなたでも参加でき、参加したい時だけ会費が必要です。どうぞお気軽にご参加ください。::::::::鳥取民藝協会会員募集のご案内::::::::詳細はこちらからご覧下さい。'''''お問合せ先''''''鳥取たくみ割烹店電話 0857-26-6355お問い合わせメールにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
にほんブログ村
2020年 01月 06日 |
1月のたくみ21は「川上貞夫 イデオロギーとしての美学」と題して、吉田璋也の盟友だった川上貞夫についてお話しします。
たくみ21 1月例会ご案内 川上貞夫 イデオロギーとしての美学_f0197821_08493144.jpg


【内容】川上貞夫(明治30年(1897)-昭和52年(1977))は、現在の鳥取市国府町高岡に生まれ、京都高等工芸学校(現京都工芸繊維大学)で建築家武田五一の薫陶を受け、大正9年(1920)鳥取中学校などで図画の教諭として教鞭をとりました。「水脈」(第2次)や「砂丘社」の設立にも関わり文化活動に尽力しましたが、戦争・思想統制などの影響などにより活動は自然消滅しました。55歳で県立鳥取盲学校校長を退職後、昭和29年(1954)鳥取文化財協会の設立と同時に副会長に就任し、以降吉田璋也の盟友として文化財保護などの活動に生涯を捧げました。民藝運動にも尽力し、美術・建築・考古などに優れた業績を残しています。中でも岡益石堂の研究は独自の調査研究と推論を展開し、新たな視点からその価値を再評価し、i岡益石堂研究の礎を築きました。

たくみ21 参加申込はその1.たくみ割烹店へ電話して下さい。 → TEL.0857-26-6355その2.たくみ工芸店へメールで申し込んで下さい。← Click here!(注)メールの場合は、前々日までにお名前・人数等をご連絡下さい。   満席の場合はご容赦下さい。 メール等で返信させて頂きます。『たくみ21』とは…鳥取の文化や民藝などについて 「楽しく学び」、食事をしながら講師を交えて 「楽しく交流」 する会です。年会費等はありません。どなたでも参加でき、参加したい時だけ会費が必要です。どうぞお気軽にご参加ください。::::::::鳥取民藝協会会員募集のご案内::::::::詳細はこちらからご覧下さい。'''''お問合せ先''''''鳥取たくみ割烹店電話 0857-26-6355お問い合わせメールにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
にほんブログ村
2019年 12月 08日 |
【内容】
昭和6年、チャップリンは『街の灯』を完成させると世界一周の旅行を企てた。昭和7年5月14日神戸港に上陸しその日のうちに帝国ホテルに投宿している。翌15日は犬養首相による歓迎レセプションの予定だったが17日に変更されたので、相撲見物をし、夕刻帝国ホテルに戻る。丁度その頃、犬養首相宅に武装した海軍青年将校が押し入り、首相を銃撃殺害するという事件が起こる。五・一五事件である。翌16日上野の東京府美術館で北斎を鑑賞し国画会による国展にも足を運んだ。ここでチャップリンと牛ノ戸焼の奇縁が出来たのだった。
(以降、当日のお楽しみ。)
たくみ21 12月例会ご案内 チャップリンと牛ノ戸焼_f0197821_23095054.jpg
たくみ21 参加申込は
その1.たくみ割烹店へ電話して下さい。 → TEL.0857-26-6355その2.たくみ工芸店へメールで申し込んで下さい。← Click here!(注)メールの場合は、前々日までにお名前・人数等をご連絡下さい。   満席の場合はご容赦下さい。 メール等で返信させて頂きます。『たくみ21』とは…鳥取の文化や民藝などについて 「楽しく学び」、食事をしながら講師を交えて 「楽しく交流」 する会です。年会費等はありません。どなたでも参加でき、参加したい時だけ会費が必要です。どうぞお気軽にご参加ください。::::::::鳥取民藝協会会員募集のご案内::::::::詳細はこちらからご覧下さい。'''''お問合せ先''''''鳥取たくみ割烹店電話 0857-26-6355お問い合わせメールにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
にほんブログ村
2019年 11月 08日 |
本年12月10日、鳥取民藝美術館は創設70周年を迎えます。鳥取民藝の拠点として全国に発信してきた活動の歳月を、この度作成した「鳥取民藝美術館 70年のあゆみ」(略年譜)や当時の貴重な写真とともに、初代館長吉田璋也の没後に焦点をあててお話します。ぜひお越しください。

たくみ21 11月例会ご案内 鳥取民藝美術館70年のあゆみ_f0197821_17220782.jpg

【講師プロフィール】(尾崎麻理子 おさきまりこ)
1970年大阪府生まれ。実践女子大学卒。(財)戸栗美術館学芸員を経て、日本民藝協会事務局に入局し雑誌『民藝』の編集を担当。2002年から(財)鳥取民藝美術館学芸員として7年間勤務。退職後も所蔵資料の調査や古民藝の展示に携わる。鳥取県伝統工芸士認定委員会委員(2019年度)。

たくみ21 参加申込は
その1.たくみ割烹店へ電話して下さい。 → TEL.0857-26-6355その2.たくみ工芸店へメールで申し込んで下さい。← Click here!(注)メールの場合は、前々日までにお名前・人数等をご連絡下さい。   満席の場合はご容赦下さい。 メール等で返信させて頂きます。『たくみ21』とは…鳥取の文化や民藝などについて 「楽しく学び」、食事をしながら講師を交えて 「楽しく交流」 する会です。年会費等はありません。どなたでも参加でき、参加したい時だけ会費が必要です。どうぞお気軽にご参加ください。::::::::鳥取民藝協会会員募集のご案内::::::::詳細はこちらからご覧下さい。'''''お問合せ先''''''鳥取たくみ割烹店電話 0857-26-6355お問い合わせメールにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
にほんブログ村
2019年 10月 06日 |
黄檗宗は江戸時代初期に中国より渡来した隠元禅師を開祖とします。鳥取藩主池田家の菩提寺は峰山興禅寺(鳥取市栗谷町)は池田光仲の時代より黄檗と関わり今日に至っています。当時の大名が黄檗に帰依すること、また若冲と鳥取との関わりについてお話しして頂きます。
たくみ21 10月例会ご案内 鳥取における黄檗の影響について_f0197821_09145443.jpg


【講師プロフィール】
(大嶋陽一・おおしまよういち)1981年 倉吉市生れ。2005年 東京学芸大学大学院修士課程修了 2005年より 鳥取県立博物館 現在学芸課人文担当主任学芸員(専門は日本近世史)

たくみ21 参加申込は
その1.たくみ割烹店へ電話して下さい。 → TEL.0857-26-6355その2.たくみ工芸店へメールで申し込んで下さい。← Click here!(注)メールの場合は、前々日までにお名前・人数等をご連絡下さい。   満席の場合はご容赦下さい。 メール等で返信させて頂きます。『たくみ21』とは…鳥取の文化や民藝などについて 「楽しく学び」、食事をしながら講師を交えて 「楽しく交流」 する会です。年会費等はありません。どなたでも参加でき、参加したい時だけ会費が必要です。どうぞお気軽にご参加ください。::::::::鳥取民藝協会会員募集のご案内::::::::詳細はこちらからご覧下さい。'''''お問合せ先''''''鳥取たくみ割烹店電話 0857-26-6355お問い合わせメールにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
にほんブログ村
2019年 09月 01日 |
たくみ21 9月例会ご案内 グラスで変わるお酒の味わい_f0197821_08305982.jpg
たくみ21 参加申込は
その1.たくみ割烹店へ電話して下さい。 → TEL.0857-26-6355その2.たくみ工芸店へメールで申し込んで下さい。← Click here!(注)メールの場合は、前々日までにお名前・人数等をご連絡下さい。   満席の場合はご容赦下さい。 メール等で返信させて頂きます。『たくみ21』とは…鳥取の文化や民藝などについて 「楽しく学び」、食事をしながら講師を交えて 「楽しく交流」 する会です。年会費等はありません。どなたでも参加でき、参加したい時だけ会費が必要です。どうぞお気軽にご参加ください。::::::::鳥取民藝協会会員募集のご案内::::::::詳細はこちらからご覧下さい。'''''お問合せ先''''''鳥取たくみ割烹店電話 0857-26-6355お問い合わせメールにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
にほんブログ村
2019年 08月 05日 |
鳥取県内の明治・大正・昭和の近代建築を初めてまとめた『鳥取建築ノート』の連載から30年が経とうとしています。あれからその建築はどうなったのか。既に解体されてなくなったもの。文化財として保存が決まったもの。そのまま30年の時が過ぎてしまったもの。当時取り上げた17件の建築に加えて、鳥取県東部地域の近代建築の現在の状況をお話しします。
たくみ21 8月例会ご案内 『鳥取建築ノート』三十年_f0197821_22543392.jpg
『鳥取建築ノート』三十年

たくみ21 参加申込はその1.たくみ割烹店へ電話して下さい。 → TEL.0857-26-6355その2.たくみ工芸店へメールで申し込んで下さい。← Click here!(注)メールの場合は、前々日までにお名前・人数等をご連絡下さい。   満席の場合はご容赦下さい。 メール等で返信させて頂きます。『たくみ21』とは…鳥取の文化や民藝などについて 「楽しく学び」、食事をしながら講師を交えて 「楽しく交流」 する会です。年会費等はありません。どなたでも参加でき、参加したい時だけ会費が必要です。どうぞお気軽にご参加ください。::::::::鳥取民藝協会会員募集のご案内::::::::詳細はこちらからご覧下さい。'''''お問合せ先''''''鳥取たくみ割烹店電話 0857-26-6355お問い合わせメールにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
にほんブログ村
2019年 07月 03日 |
日本民藝協会『民藝』7月号の「「しゃぶしゃぶ」源流考」(木谷清人)は次のように始まります 。「名物料理にはよく「元祖」とか「本家」などと称して争っている事が多いが、本当の事はなかなか分からないものである。「しゃぶしゃぶ」にも、本家・元祖あるいは発祥の地などと呼ばれている店がある。京都の「十二段家」、大阪の「スエヒロ」、鳥取の「たくみ割烹店」の三店である。いずれも元祖などと称するが、実はそこにはそれなりの理由がある。」
◆今月のたくみ21は、そのしゃぶしゃぶのもととなった北京の名物料理、涮羊肉をご賞味して頂きます。
たくみ21 7月例会ご案内 「しゃぶしゃぶ」源流考_f0197821_11161478.jpg
たくみ21 参加申込は
その1.たくみ割烹店へ電話して下さい。 → TEL.0857-26-6355その2.たくみ工芸店へメールで申し込んで下さい。← Click here!(注)メールの場合は、前々日までにお名前・人数等をご連絡下さい。   満席の場合はご容赦下さい。 メール等で返信させて頂きます。『たくみ21』とは…鳥取の文化や民藝などについて 「楽しく学び」、食事をしながら講師を交えて 「楽しく交流」 する会です。年会費等はありません。どなたでも参加でき、参加したい時だけ会費が必要です。どうぞお気軽にご参加ください。::::::::鳥取民藝協会会員募集のご案内::::::::詳細はこちらからご覧下さい。'''''お問合せ先''''''鳥取たくみ割烹店電話 0857-26-6355お問い合わせメールにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
にほんブログ村
2019年 06月 01日 |
6月の「たくみ21」講師は、
鳥取民藝美術館館長の吉田章二さん!
◆吉田璋也の食と民藝
~孫から見た家庭人としての璋也の記憶~
◆聴講のみ無料参加できますが、今回は吉田家の食事の再現がありますので、懇親会も楽しみにして下さい。
【内容】吉田家での璋也のエピソードを、食を中心に語る。璋也が家族にとってどの様な存在であったか? 戦前、戦後を通じて母たちから見聞きしていた事をお話させていただきます。民藝理論はありません。璋也がそんな意外な一面も持ち合わせていたか?などを交えて、我が家での食事を再現しながら楽しんで頂きます。
たくみ21 6月例会ご案内_f0197821_16262702.jpg

たくみ21 参加申込はその1.たくみ割烹店へ電話して下さい。 → TEL.0857-26-6355その2.たくみ工芸店へメールで申し込んで下さい。← Click here!(注)メールの場合は、前々日までにお名前・人数等をご連絡下さい。   満席の場合はご容赦下さい。 メール等で返信させて頂きます。『たくみ21』とは…鳥取の文化や民藝などについて 「楽しく学び」、食事をしながら講師を交えて 「楽しく交流」 する会です。年会費等はありません。どなたでも参加でき、参加したい時だけ会費が必要です。どうぞお気軽にご参加ください。::::::::鳥取民藝協会会員募集のご案内::::::::詳細はこちらからご覧下さい。'''''お問合せ先''''''鳥取たくみ割烹店電話 0857-26-6355お問い合わせメールにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
にほんブログ村
2019年 05月 07日 |
今月の「たくみ21」のテーマは「倉吉市庁舎の記憶をたどる―戦後民主主義を形にする」、講師は生田昭夫さんです。
【内容】倉吉市庁舎は、「世界のタンゲ」と呼ばれた建築家丹下健三(1913-2005)が、代表作香川県庁舎と同時期に設計した建物で1956年に完成し、現在は国登録有形文化財建造物となっています。2016年に発生した鳥取県中部地震による建物の復旧工事の課程で、市民に呼びかけたところ、多くの資料が集まり、当時の建設工事の様子を伝え、若き日の丹下の姿が映っている8mmフィルムも発見されました。この度はその動画を含めて如何にして倉吉市庁舎が建てられたのか解説します。
【講師プロフィール】生田昭夫(いくたあきお)1948年、倉吉市生まれ。東京学芸大学卒業。早稲田大学専門学校卒業。鳥取県住宅供給公社・鳥取県に奉職。1979年1級建築士事務所「堂計画室」を開設。米子工業高等専門学校建築学科非常勤講師 鳥取短期大学住居デザイン学科非常勤講師を歴任。主な作品:「こぶし館」(鳥取建築文化賞)、「大塚公民館」(鳥取県警観賞)等。著書:『地方都市よなご』、『倉吉考』、『鳥取建築ノート』(共著)、『国宝三徳山三佛寺投入堂 解けた謎。深まった謎。』(2017年)など。倉吉市在住。

たくみ21 5月例会 ご案内 倉吉市庁舎の記憶をたどる_f0197821_14191368.jpg
たくみ21 参加申込はその1.たくみ割烹店へ電話して下さい。 → TEL.0857-26-6355その2.たくみ工芸店へメールで申し込んで下さい。← Click here!(注)メールの場合は、前々日までにお名前・人数等をご連絡下さい。   満席の場合はご容赦下さい。 メール等で返信させて頂きます。『たくみ21』とは…鳥取の文化や民藝などについて 「楽しく学び」、食事をしながら講師を交えて 「楽しく交流」 する会です。年会費等はありません。どなたでも参加でき、参加したい時だけ会費が必要です。どうぞお気軽にご参加ください。::::::::鳥取民藝協会会員募集のご案内::::::::詳細はこちらからご覧下さい。'''''お問合せ先''''''鳥取たくみ割烹店電話 0857-26-6355お問い合わせメールにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
にほんブログ村