ブログパーツ
注目トピック
たくみ21 5月例会ご案内 ブラジル先住民「ヤノマミ族」 のきのこ食文化について
2018年 05月 03日 |
今月の「たくみ21」は、日本きのこセンター菌蕈研究所名誉研究員の時本景亮氏による「きのこ食文化」のお話です。懇親会には、きのこ料理もたくさん。
f0197821_16010893.jpg

【内容】ブラジルとベネズエラの国境付近に住むヤノマミ族は現在でも独自の文化を堅持する最後の先住民族集団である。一昨年、ヤノマミ族が食料にしている野生きのこを調査するプロジェクトに日本人として参加する機会を得た。彼らのきのこ食文化や穏やかな生活について述べる。
【講師プロフィール】
時本景亮(ときもと けいすけ)
(財)日本きのこセンター菌蕈研究所に46年間勤務(専門は菌蕈生理生態学)
1999年~2012年
鳥取大学客員教授、特任教授
2000年~2001年
神戸大学客員教授
受賞:2009年度日本きのこ学会賞
2017年度ジャブチ賞(ブラジル)

たくみ21 参加申込はその1.たくみ割烹店へ電話して下さい。 → TEL.0857-26-6355その2.たくみ工芸店へメールで申し込んで下さい。← Click here!(注)メールの場合は、前々日までにお名前・人数等をご連絡下さい。   満席の場合はご容赦下さい。 メール等で返信させて頂きます。『たくみ21』とは…鳥取の文化や民藝などについて 「楽しく学び」、食事をしながら講師を交えて 「楽しく交流」 する会です。年会費等はありません。どなたでも参加でき、参加したい時だけ会費が必要です。どうぞお気軽にご参加ください。::::::::鳥取民藝協会会員募集のご案内::::::::詳細はこちらからご覧下さい。'''''お問合せ先''''''鳥取たくみ割烹店電話 0857-26-6355お問い合わせメールにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
にほんブログ村
by t-mingei | 2018-05-03 12:15 | たくみ21 | Comments(0) |