ブログパーツ
注目トピック
講演会 石井頼子氏「柳宗悦と棟方志功 ~往復書簡による師弟愛~」
2018年 04月 09日 |
鳥取民藝協会第26回公開講演会
演題 柳宗悦と棟方志功~往復書簡による師弟愛~
講師 石井頼子氏(棟方志功の長女・けようの長女として東京都に生まれる。棟方と生活を共にし、その制作風景に接しながら育つ。)
日時 4月22日(日)午後1時30分~3時
場所 とりぎん文化会館 第1会議室
入場無料
f0197821_15284775.jpg
【内容】柳宗悦と棟方志功。25年にわたるその師弟関係を、残された350通余りの往復書簡を読み解くことで探ります。両人の想いは作品にも反映されます。柳の言葉によって生まれ、柳が愛し、表具に精魂こめた棟方作品の数々。新春に日本民藝館で開催された「棟方志功と柳宗悦」展の会場風景なども交えながら、お話出来れば幸いです。
【講師プロフィール】

1956年、版画家棟方志功の長女・けようの長女として東京都に生まれる。棟方と生活を共にし、その制作風景に接しながら育つ。慶應義塾大学文学部を卒業後、2011年の閉館まで棟方板画美術館に学芸員として勤務。現在はインディペンデント・キュレーターとして展覧会監修や執筆活動、講演などを通じ、知られざる棟方の紹介に努めている。近著に『言霊の人 棟方志功』(2015年里文出版)、『もっと知りたい 棟方志功』(2016年東京美術)、『棟方志功の眼(改訂版)』(2017年里文出版)など。日本民藝館運営委員。




by t-mingei | 2018-04-09 15:32 | 鳥取民藝協会 | Comments(0) |