「ほっ」と。キャンペーン
ブログパーツ
注目トピック
タグ:鳥取のまち ( 37 ) タグの人気記事
|
|
2015年 07月 02日 |
先月は「リノベーションまちづくり」で盛り上がりましたが、今月はJAZZとアートでまちづくりを目指す「鳥取Jazz」を主催される菊池ひみこさんのトーク&ライブです。
f0197821_20575238.jpg

【内容】
1、自分史 仙台〜東京〜鳥取 幼少期から現在までどのように音楽に関わって来たか
2、ジャズって何? 発祥から現在までの歴史とどのように演奏されているのか、
そして何を表現しようとしているのか
3、鳥取JAZZとは 鳥取でジャズフェスティバル「鳥取JAZZ」を始めたきっかけ
から今年5回目を迎えこれから何を目指すのか
これらについて、映像や演奏を交えて簡単にお話しします。
【講師プロフィール・菊池ひみこ】
仙台市出身。7歳よりクラシックピアノ、15歳より作曲を始め、16歳でヤマハ・エレクトーン・コンクール優勝。プロとして世界各地で演奏活動。1975年頃よりジャズに傾倒。「モントルー・ジャズ・フェスティバル」に出演。1980年以降アルバムを次々と発表。国内外で演奏活動を展開し、TV映画等の音楽も手掛ける。1992年、東映『新極道の妻たち』の音楽制作を機に、「BEAM」を結成、アルバムを発売。
1999年、夫でギタリストの松本正嗣と鳥取市へ移住。2000年「HIMIKO KIKUCHI BIG BAND」を結成。2002年 「夢フェスタとっとり」、2013年「『鳥たちの音楽祭』 ~Fly High!~」等の地域活動にも参画。2005年、「第30回鳥取市文化賞」受賞。現在、自身のトリオの他「菊池ひみこDouble Quartet」を展開。ライブハウス“After Hours”を拠点に地元アマチュアミュージシャンの指導・育成にあたる。2011年秋より「鳥取JAZZ」を実行委員長。

たくみ21 参加申込は
その1.たくみ割烹店へ電話して下さい。 → TEL.0857-26-6355
その2.たくみ工芸店へメールで申し込んで下さい。← Click here!
(注)メールの場合は、前々日までにお名前・人数等をご連絡下さい。
   満席の場合はご容赦下さい。 メール等で返信させて頂きます。

『たくみ21』とは…
鳥取の文化や民藝などについて 「楽しく学び」、
食事をしながら講師を交えて 「楽しく交流」 する会です。

年会費等はありません。
どなたでも参加でき、参加したい時だけ会費が必要です。

どうぞお気軽にご参加ください。

::::::::鳥取民藝協会会員募集のご案内::::::::

詳細はこちらからご覧下さい。

'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ割烹店
電話 0857-26-6355

お問い合わせメール

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
にほんブログ村

2015年 06月 01日 |
こんにちは

     6月になりましたね。

    
     週末の雨が、かわいていた土地をすこしうるおしてくれた鳥取です。 


     新緑の季節にのびてきた葉や芽が、さらに大きく色濃くなってきたように感じます。

     
     こんなときは、のんびりまわりを見渡しながらのお散歩はいかがでしょうか。


f0197821_13584235.jpg 





先日 お届けいただいた
 “トリベル 保存版”です


        
鳥取県の 東部・中部・西部各地の
ショップ・美術館・気になる場所 が
マップになって紹介されている冊子です。










美術館で、無料で配布させていただいておりますので、
「気になるわ~」って方は、どうぞお気軽にお持ち帰りくださいね。       
   
   
           
                    
           
(なお)

'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2015年 05月 07日 |
こんにちは

  4月末からの連休中は
  とてもお天気の良い日が多く、
  海の青、空の青、木々の新芽の緑が キラキラしていました。
 
 

  夏日もあったこの期間、
  いろいろな催しが開かれたり、地元のお祭もあったりと
  にぎわっていたようです。
 

  そして 民藝美術館のある通り周辺も
  4月24日~5月6日にイベントを行いました。      

  
  今月の2日には
  いつもお世話になっている ギャラリーそらさんの会場をお借りして
  「子どもの民藝~知って学んでお皿に絵を描こう!~」というワークショップを開催しました。

  出来上がったお皿を手にされたお子さん達の写真を見せてもらいました。

  どれも 線がいきいきとしていて、
  それぞれの世界がどこまでもどこまでも広がっています。

  みなさん ありがとうございました。


  さて、本日 5月7日(木)は 
  鳥取たくみ工芸店、鳥取民藝美術館は お休みいたしております。

  明日 5月8日(金)は通常通り 営業・開館いたします。

  どうぞ ご了承くださいませ。

f0197821_15555859.jpg

                 (美術館の入り口の鉢植えに 今年もこの花が咲きました。
                  見過ごしてしまいそうな小ささです。 名前を調べなくては…)


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

                    ~ 開催中の企画展 ご案内 ~

◎鳥取民藝美術館◎

    「 吉田璋也の新作民藝 -伝統と創造- 」

             階上展示 …  「 東洋の磁器 」

                   2015年4月24日(金)~9月13日(日)

                   ※期間中、毎週水曜日(祝日の場合は翌日)が休館日です 



◎鳥取たくみ工芸店1階 ◎

                     「 小 鹿 田 焼 」

                   2015年4月24日(金)~5月18日(月)

                   ※5月13日は店休日です       


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 

 (けい)
'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
椿
2015年 02月 19日 |
こんにちは


   先日、
   鳥取たくみ工芸店も鳥取民藝美術館も
   いつも大変お世話になっている方から たくさんのお花をいただきました。

   その中から 茶花の椿を ご紹介。   
  
f0197821_16212956.jpg

      これは 「アケボノ(曙椿)」といいます。
      由来は
      花の淡い紅色がほのぼのとして、曙の空であるかのようだから だとか。

      曙といえば、清少納言の 「春はあけぼの~」 を思い出しました。
          
      

  
f0197821_16262922.jpg

      こちらは  タロウカジャ(太郎冠者)。 ウラクツバキ(有楽椿)ともいいます。
      (隣りのつぼみは“アケボノ”です)
      「太郎冠者」というと 狂言の登場人物を思い出すのですが、 
      関係あるのでしょうか?  
      「有楽椿」の有楽は、
      織田信長の弟 有楽斎如庵(織田長益)が
      茶席の花として愛用していたことに因んでいるそうです。

      鳥取では 八頭郡八頭町の大樹寺さんにウラクツバキの大きな古木があります。

   
   たくさんの種類がある椿。
   まだまだ お花と名前を一致して覚えることができていないのですが、
   こうして、季節ごとに見せていただけて、とても楽しいです。
   
 


  
  
f0197821_16421033.jpg

  ふきのとうも あちらこちらで 顔を出しています。
  苦手だったのに 
  いつのまにか ふきのとうの苦味にも慣れていました。
  
 

  
  ちゃんと 春は来てますね。




(けい)

'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2015年 02月 02日 |
こんにちは


  明日は節分。
  みなさんのお住まいの所では、
  節分の日に神社へお参りなさいますか?

  私は、近所の神社で開かれる節分祭が 子供の頃から好きでした。
  なぜかは自分でもよくわからいのですが、
  ワクワクしていました。
  
  明日もお参りに行ってきます。


 
  さて、
  ここ 鳥取民藝美術館の入り口そばには、
  日本各地の 美術館さん、博物館さん、ギャラリーさんなどからいただいた
  展示会や イベントの お知らせのチラシを置いております。

  鳥取県内の美術館さん、博物館さんのチラシもたくさん。
  
f0197821_14173554.jpg

                                          (ほんの一部です)
   
  
  鳥取民藝美術館へいらした時には
  入り口そばの棚の上も 見てみてくださいね。



(けい)
'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2014年 11月 17日 |
こんにちは。


     この週末、鳥取は久しぶりにあたたかいお日さまが顔を出してくれました。
     すこし陽にあたるだけでも 心がほっとしますね。


     実は先日も、美術館はぐっとアツくなりました。
     鳥取市立 修立小学校・5年生のみなさんが 見学に来てくださったんです。


f0197821_15324714.jpg


     修立小学校は、当館の創設者・吉田璋也先生の卒業された母校で、
     生徒さんからすると 璋也先生は「先輩」にあたるわけです。

   
                「おはようございます!」
     玄関であいさつしてくれる生徒さんたちの、はにかんだような笑顔が印象的でした。

 
     クイズをまじえた常務理事のお話に、生徒さんたちの徐々に緊張もほぐれ
     器ができるまでの工程、璋也先生のデザインに隠れた工夫など
     うなずきながら、前のめりになりながら、真剣に聞いてくれていました。


f0197821_15335971.jpg



後日、先生から
その時の感想のお手紙を
お届けいただきました。


f0197821_15345232.jpg







印象に残った品を描いてくれたり、
どういったことを学んだのか、
それぞれの言葉で 描き方で
綴ってくれました。






            「 『沖縄の骨つぼ』にしょうげきを受けました 」


            「 貝がうめてあるやつが、きれいだなぁと思いました 」


            「 一番びっくりしたのは、吉田しょうや先ぱいが、
              お医者さんが使う物をす・べ・て!木で作っていたところです 」


f0197821_15361518.jpg


               
     その手紙の中には、実際にいろんなことを感じた生徒さんの姿がありました。


     見学が終わり入り口に戻って、
     「 上の階にあった大壷がね!」
     「 いろんな色が塗ってあった!」
     と口々に私に伝えてくれたことが思い出されました。


f0197821_15403979.jpg





  みんなの印象に残った 白釉大壷
  たくさんの生徒さんが絵にしてくれました
  









f0197821_15593423.jpg













     まっすぐお話を聞いて、自分の目と心で品物を見てくれたんだなぁ!
     と、うれしく思いました。

     自分たちが通っている学校の先輩が、していたことを学ぶこと、
     それがいつか成長した時に生徒さんたちの中に残って
     「ふるさと」を大切にする気持ちにつながっていったら良いですね。

     修立小学校の生徒のみなさん、そして先生方、
     ほんとうにありがとうございました!!

     また ぜひ遊びにきてくださいね。
    

(なお)

'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2014年 08月 28日 |
こんにちは


            童子地蔵堂  
f0197821_13583348.jpg

   
            8月23日(土) 朝、
            いつもお世話になっている佐々木生花店さんに お花を飾っていただいて、
f0197821_15325048.jpg

            堂内は すごくいい香りです。


            果物やお菓子、ご近所の方々からのお供えも並べられ   
f0197821_1534440.jpg

            普段より たくさんの色で賑やかとなりました。 




            午後。
            善久寺の和尚さまのリンではじまりました。

            参列してくださった方々と皆で読経します。
f0197821_13581756.jpg

            唱えなれていないお経に戸惑いながらも
            経文の文字を追っていると だんだん無心になっていきます。        
 
 

 
            そして
            順番に お焼香します。
f0197821_13581785.jpg

            お供えものは 参列くださったみなさま、ご近所の方々へ。
       
 

  
     

            
            地蔵盆をされるところも少なくなってきたと聞きました。
  
     

     
            各地域、町内でそれぞれ伝わってきた伝統や行事には、
            大事な意味があることや
            それをおこなってくださった方々のありがたさに
            大きくなってから気づきます。
       

   
   
            むずかしくなってきたことかもしれませんが、
            次の代へと繋がっていくといいですね。

        
            ここ鳥取の童子地蔵堂では、                       
            おかげさまで  今年も こうして無事に地蔵盆を執り行うことができました。
            みなさま ありがとうございました。

   
(けい)

'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2014年 08月 25日 |
なにをしましょうか?


        こんにちは

          鳥取では 9月27日から 11月3日まで 

 
          “ トリベル ” というまち歩きのイベントが開催されます。


f0197821_16284679.jpg


          このたび、このイベントに参加されるお店や地域が紹介された

          素敵なリーフレットをお届けいただきました。


f0197821_1629359.jpg


     美術館・工芸店・割烹店でも

     置いておりますので、

     ぜひ手に入れてくださいね。





トリベル 手仕事×まち歩き×自分だけの地図 facebook



(なお)

'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2014年 06月 19日 |
こんにちは

  
  
      たくみ工芸店で販売中の柳屋さんの面かぶり

     

   
f0197821_1495212.jpg

              お面をかぶっています。
              下の棒を引くと


f0197821_14102113.jpg

 
             なんと!
               お面をとって かわいい顔を見せてくれます。 



      たびたび このブログでも ご紹介させていただいてます   
     柳屋さんの郷土玩具。
 
      愛らしいお顔のもの、  「えっ!」と二度見するほどインパクトの強いもの、
     とても小さいもの、かわいい動きのもの 
     などなど
     いつも 楽しいのです。
      

      その 柳屋さんの様々な郷土玩具の展示が 
      鳥取市の 『わらべ館 ギャラリー童夢』 にて7月13日(日)まで開催されています。
      初代から86年間の足跡が辿れる展示となっているそうです。

      まだ会ったことのない柳屋さんがそこに展示してあるそうなのです。 
      ワクワクします。



     さて、たくみ工芸店2階の「ギャラリーたくみ」  
     次回の展示は
    
             かご・ざる展   
    
     です。

      今、展示準備中なのですが、
      青森県、鹿児島県、新潟県、福島県、長崎県などなど 
      全国各地から集まっています。
        
       明日から始まります。

      

    *●*●*●*●*●*●*●*●*●*●*●*●*●*●*●*●*●*●*●*●*●*●*●*●*●*●*●*●*●*●       
     
                   かご ・ ざる 

             会  期 : 平成26年6月20日(金) ~ 7月7日(月)
                      (期間中の水曜日6/25、7/2は定休日
    
             開催時間:午前10時 ~ 午後6時
 
 

    
 
 
f0197821_14194372.jpg



 
    *●*●*●*●*●*●*●*●*●*●*●*●*●*●*●*●*●*●*●*●*●*●*●*●*●*●*●*●*●*●
      
     


(けい)

'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2014年 06月 12日 |
こんにちは


      ついに 鳥取も梅雨入り…

      ですが、晴れ間もあったりしてお日さまの光りがうれしい!



      そんなお天気のときには

      美術館左前に建つ 童子地蔵堂にも 窓の色ビニールから美しい光りが差し込みます。 



f0197821_1136890.jpg




f0197821_11362482.jpg


  

      お地蔵さまも優しく照らされて…


      美術館が開館している時間はどなたでも入ってご覧いただけます。



f0197821_124053.jpg

      

                    お地蔵のとなりに 三つ葉の花が咲きました

 


  
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

    ご案内です

        お待たせいたしました!!

            本日6月12日(木)より
             企業組合 藍染工房ちずぶるーさんの

             「藍 濃淡さまざま作品展」
                                         始まりました。

              今年も ギャラリーたくみは 
                     ちずぶるーさんの 爽やかな色でいっぱいです。

              

               企業組合 藍染工房ちずぶるー
  
                     『藍 濃淡さまざま作品展』

                    6/12(木) ~ 17(火)
                     午前10:00 ~ 18:00 (最終日は17:00まで)
   
               
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
      

(なお)

'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール