ブログパーツ
注目トピック
タグ:企画・特別展 ( 46 ) タグの人気記事
|
|
2016年 02月 18日 |
三寒四温の日々が続きますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

現在開催中の企画展「吉田璋也の新作民藝 民藝の住居(すまい)」では、吉田家所蔵の貴重な資料を展示しております。そのひとつ、バーナード・リーチの手紙をご紹介します。

f0197821_17474924.png


イギリス人陶芸家バーナード・リーチ(1887‐1979)は柳宗悦や白樺派同人と交友をもち、河井寛次郎や濱田庄司らに大きな影響を与え、生涯にわたり東西の伝統や文化を融合した美の世界を作り出した人物として知られています。
1953(昭和28)年、日本を訪れたリーチは翌年にかけて各地を旅し、様々な人物と交遊を重ね、窯元で制作し、この鳥取でも鳥取砂丘などの絵を描いています。今回展示中の手紙は、1954(昭和29)年1月4日に滞在先の東京・柳邸から吉田家に送られた新年挨拶の便りです。「しんねん おめでとう よろしく」の言葉がローマ字で記され、下にはオシドリの美しい姿が描かれています。封筒は柳邸の住所と共に馬の絵が。この年の干支は午年。躍動感あふれる馬に初春を寿ぐ情景が目に浮かびます。こちらの展示は4月17日(日)までとなっております。是非、お見逃しなくご覧ください。
(尾崎)



〈ギャラリーたくみ〉
冬キビシ 春ヲ含ミテ展
ギャラリーたくみ(鳥取たくみ工芸店2階)    
会期 平成28年2月12日(金)から2月29日(月)
   午前10:00 ~ 午後6:00
  ※水曜日は定休日となります。

〈鳥取民藝美術館〉
吉田璋也の新作民藝(民藝の住居)
民藝と茶 - 一フクイカガ 茶モ忘レテ -

会期 平成28年4月17日(日)まで
   午前10:00 ~ 午後17:00
  (休館日:毎週水曜日) 



'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2016年 01月 18日 |
こんにちわ

この冬は暖冬といわれていましたが、そろそろ雪が降りそうです。

そんな中ギャラリーたくみでは1月15日(金)から2月8日(月)まで「残したい日本の手仕事展」を行っています。



日本各地に今なお残る、美しき手仕事の数々。
時代の変化に翻弄されながらも脈々と受け継がれる、業とかたちの物語をお届け致します。





皆様のお越しをお待ちしています。




〈ギャラリーたくみ〉
残したい日本の手仕事展
ギャラリーたくみ(鳥取たくみ工芸店2階)    
会期 平成28年1月15日(金)から2月8日(月)
   午前10:00 ~ 午後6:00
  ※水曜日は定休日となります。

〈鳥取民藝美術館〉
吉田璋也の新作民藝(民藝の住居)
民藝と茶 - 一フクイカガ 茶モ忘レテ -

会期 平成28年4月17日(日)まで
   午前10:00 ~ 午後17:00
  (休館日:毎週水曜日) 


(田中)
'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール

2015年 12月 11日 |
こんにちわ

寒さも厳しくなってきて冬の訪れを感じます。

そんな中ギャラリーたくみではギャラリーたくみでは12月11日(金)から1月11日(火)まで「因州・中井窯作陶展」を行います。



たくみ工芸店では2年ぶりとなる今回の展示会。
代表的な3色染分皿や日本最大の陶芸の公募展「第二十三回日本陶芸展」で特別賞・TOTO賞を受賞した柳ディレクションシリーズの湯呑や土瓶他、様々な作品を展示販売しております。
六月に天寿を全うされた因州中井窯二代目坂本實男さんの作品も展示しております。





皆様のお越しをお待ちしています。


※以下長文
「因州・中井窯作陶展」によせて(日本海新聞寄稿)

二年ぶりに鳥取たくみ工芸店で「因州・中井窯作陶展」が開催され、爽やかな緑・白・黒の釉薬の器がギャラリーに並びます。その仕事は近年とみに人気も高く、しばらく品切れの状態が続いていました。 今年、坂本さんは日本で最大の陶芸の公募展「第二十三回日本陶芸展」において、「白釉掛分茶器」で特別賞・TOTO賞を受賞しました。日本陶芸展での受賞は三度目となり、隔年に開催される同展の長い歴史の中で、三度もの受賞を果たしたのは坂本さんがただ一人です。またこの秋には「第六十二回日本伝統工芸展」で四年連続入選を果たし、「第五十九回鳥取県美術展覧会(県展)」では県展賞を受賞しました。現代の民藝の世界を極めながら、作家として伝統工芸の世界にも挑む、坂本さんの今を十分楽しんで頂けると思います。また、この六月に逝去された父實男さんの作品も見逃せません。 坂本さんは、昭和二十年に築かれた中井の窯の伝統を踏まえ、その制約の中で格闘しながら新たな生活の器を一心に作り続けてきました。柳宗悦は、名もなき工人が用に即して作ったものに自ずと美が宿る、「用即美」という逆説的な民藝の美の真理を唱えました。しかし同時に現代の工人に与えた七則の中には「ドンナ創造ヲ示スカ」という言葉を付け加えています。安心して用いることのできる因州・中井窯の暮らしの器は、柳宗悦の示した通り伝統が創造の源泉となって生まれてきたと言ってよいでしょう。 私は坂本さんの度重なる受賞を大変喜ばしく思います。しかしそれ以上に、伝統と創造を一体としながら、民藝(ヒナ)と伝統工芸(ミヤビ)の領域を乗り越えようとしている坂本さんの仕事の将来にもっと大きな期待を寄せています。
(公益財団法人鳥取民藝美術館常務理事 木谷清人)



〈ギャラリーたくみ〉
因州・中井窯作陶展
ギャラリーたくみ(鳥取たくみ工芸店2階)    
会期 平成27年12月11日(金)から平成28年1月11日(火)
   午前10:00 ~ 午後6:00
  ※水曜日は定休日となります。12月30日〜1月3日まで年末年始休業となります。

〈鳥取民藝美術館〉
吉田璋也の新作民藝(民藝の住居)
民藝と茶 - 一フクイカガ 茶モ忘レテ -

会期 平成28年4月17日(日)まで
   午前10:00 ~ 午後17:00
  (休館日:毎週水曜日、年末年始) 


(田中)
'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール

2015年 09月 21日 |
こんにちは


        19日より、鳥取民藝美術館にて

        「 吉田璋也の新作民藝(民藝の住居) 」

        が はじまりました。
         
f0197821_14473346.jpg
 
                                   ( “応接間”コーナー )


        展示室の中で “応接間” “茶の間” “食堂” を再現しました

        
        鳥取でおこった新作民藝運動のなかで生まれた 用の美に即した品に囲まれた
        民藝の住居(すまい)を体感いただければ、と思います


        
        階段を上がっていただいた階上展示は、

        「民藝と茶 一フクイカガ 茶モ忘レテ」 

        と題して 
        当館所蔵の茶器と、柳宗悦が唱えた「番茶」にかかわる品々を展示しております


        どちらもどうぞごゆっくりご覧くださいませ


          企画展会期 : 平成27年9月19日(土)~平成28年4月17日(日)


=  =  =  =  =  =  =  =  =  =  =  =  =  =  =  =  =     

ギャラリーたくみ(鳥取たくみ工芸店2階)

                     沖縄のやちむん展

             会期 : 平成27年9月18日(金)~10月19日(月)
        (毎週水曜定休日・ただし9月23日(水・祝)は営業・翌9月24日(木)お休み)

                           10:00~18:00

=  =  =  =  =  =  =  =  =  =  =  =  =  =  =  =  =   

(なお)

'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
にほんブログ村

2015年 09月 07日 |
こんにちは


f0197821_1544183.jpg



       鳥取民藝美術館より おしらせです


       美術館は、9月19日から開催の企画展に向けた展示作業のため
       下記の期間 臨時休館いたします 


              =臨時休館期間=
         平成27年9月14日(月)~18日(金)
      
  

       ご迷惑をおかけいたしますが ご了承いただきますようお願い申し上げます

       
       9月19日(土)10時より、 
              「 吉田璋也の新作民藝(民藝の住居) 」  (階下展示)  
              「 民藝と茶 一フクメセ 茶衣メサデ 」   (階上展示)
       の開催を予定しております。

       当ブログでもまたご案内いたしますので、どうぞ お楽しみに

       ひさしぶりの長期連休となる シルバーウィークもはじまります。
       みなさまのお越しをお待ちしております!
          

(なお)

'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
にほんブログ村

2015年 06月 29日 |
こんにちは


        きょうは 美術館の展示品をご紹介いたします


f0197821_15312246.jpg

                      「 食卓用ワゴン 」
        ポットや染分けのカップ&ソーサーを盆部分に載せています


f0197821_15313735.jpg

        このワゴンは、下に付いているコロ(車輪)も丸~くなっていて やわらかい雰囲気

         

f0197821_15355117.jpg

                      「 食卓用脇机 」
        サイズが1段ごとに異なる引き出しが全部で10こもあって、とても便利

f0197821_15373394.jpg

        引き出しのつまみもやわらかいデザインです


        このような新作民芸品の家具も並んでいますので
        気になるところがあったら じっくりじっくり ご覧下さいね


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *  

  鳥取民藝美術館にて

           階下 「吉田璋也の新作民藝-伝統と創造-」
         
           階上 「東洋の磁器」

                   4月23日 ~ 9月13日


  鳥取たくみ工芸店にて 

                「白い器・蒼い器の会」

 
                   6月19日 ~ 7月13日
                 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *      


              
    
(なお)

'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2015年 01月 19日 |
こんにちは


  花屋さんに入ると、
  水仙や フリージア、スイートピーなど
  優しい色の春の花々が 迎えてくれます。

  
f0197821_15512724.jpg  外はまだまだ寒いのですが、
  今日は この美術館にも飾りました。

















  さて、前回の朝鮮の十長生の模様に続き、
  アイヌの文様をご紹介いたします。
    (4/19まで開催中の 「美を観る-雑誌『工藝』の世界- より)

  
f0197821_14462952.jpg
                                         (アイヌ 厚司 の文様)
                これは、厚司の後見頃に施されています。
                衣服などに施される刺繍は、
                祖母から母へ、母から娘へと母方の系譜に従って
                伝えられるそうです。
 

               
 
f0197821_14462110.jpg
                                        (煙管筒の文様)   
f0197821_1447936.jpg
                                         (小刀の鞘 の文様)
                一方、男性たちのあいだでは、
                父方の系譜から、彫刻文様などが伝えられます。

          小さな頃から、お母さんやお父さんの仕事をそばで見て教わり、
          一針一針、一彫り一彫り、願いをこめてつくり、
          また、自分も子供らに伝えていく。

          そうしたものを身につけることは、
          「守られている」という安心感になり、
          強くて優しい心を生むのかな っと感じます。


〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇


 開催中です

   ○鳥取民藝美術館

        階下(玄関のある階)   「吉田璋也の新作民藝(家具・木工・吉田医院)」
    
        階上             「美を観る-雑誌『工藝』の世界(後期)-海外他」    


        会 期  4月19日(日)まで (午前10時 ~ 午後5時)
        休館日  毎週水曜日
               (但し、水曜日が祝日の場合は開館、翌日休館)




   ○ギャラリーたくみ(鳥取たくみ工芸店2階)
      
             暮らしの道具カタログ
    
         会 期 2月2日(月)  午前10時 ~ 午後6時
         定休日 毎週水曜日
              (但し、水曜日が祝日の場合は開店、翌日休)

〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
                                                        
(けい)

'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2015年 01月 15日 |
こんにちは


      今年2015年は、 
      真っ白な景色から始まりました。

      美術館前の花も 
      冷たく重い雪に覆われ、見えなくなってしまっているその上に
      さらに 舗道をかいた雪が積み上げられるという状態で、
      随分気にかけていたのですが、

      やっと、かわいい姿を見せてくれています。
      (まだ、ペタンコですが、これから!)
f0197821_15252031.jpg



      さて、このブログを読んでくださっている皆さまは、
              『十長生』
      をご存知ですか?

      朝鮮で独自に展開した、
      鶴、鹿、亀、日、雲、石、水、松、竹、霊芝
      といった10種の自然物象を集めて長寿を願う、不老長寿の思想
      だそうです。
      「シプチャンセン」というそうです。

     
f0197821_1538045.jpg

      
      現在 当館階上で展示中の工藝品にも そのモチーフが見えます。

    
      ご来館の際は、探してみてくださいね。

      
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇


 開催中です

   ○鳥取民藝美術館

        階下(玄関のある階)   「吉田璋也の新作民藝(家具・木工・吉田医院)」
    
        階上             「美を観る-雑誌『工藝』の世界(後期)-海外他」    


        会 期  4月19日(日)まで (午前10時 ~ 午後5時)
        休館日  毎週水曜日
               (但し、水曜日が祝日の場合は開館、翌日休館)




   ○ギャラリーたくみ(鳥取たくみ工芸店2階)
      
             暮らしの道具カタログ
    
         会 期 2月2日(月)  午前10時 ~ 午後6時
         定休日 毎週水曜日
              (但し、水曜日が祝日の場合は開店、翌日休)

〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇


(けい)
'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2014年 09月 22日 |
こんにちは。


f0197821_1625377.jpg

 
       4月からはじまった 美術館の前期展示は
            会期が延長となりまして 本日まで開催しております。


 
       9月27日(土)からは 
 
         階上は
            「 美を観る―雑誌『工藝』の世界(後期)―
                            (諸国の民藝と個人作家) 」  
          
         階下は
            「 吉田璋也の新作民藝(家具・木工)」  がはじまります。



       その展示入れ替え作業のため
         9月23日(火) ~ 26日(金) 美術館は臨時休館いたします。

       ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいませ。


       新しい展示がはじまりましたら、またお知らせさせてくださいね。



       なお、たくみ工芸店は通常営業しております。(水曜定休)
       ギャラリーでの展示も新しくはじまっておりますので、ぜひお立ち寄りください。


f0197821_16254219.jpg


f0197821_1627445.jpg

                                      














                                             (ギャラリー展示より)







 
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =       
             
鳥取民藝美術館 
   
  ●前期企画展●   「  美を観る―雑誌『工藝』の世界―(前期)  」 

              「  吉田璋也の新作民藝(生活の中のやきもの)  」 

                         本日まで


  ●後期企画展●   
              「 美を観る―雑誌『工藝』の世界(後期)―
                            (諸国の民藝と個人作家) 」 
 
              「    吉田璋也の新作民藝(家具・木工)     」
               

              平成26年9月27日(土) ~ 平成27日4月19日(日)
                 (休館日 : 毎週水曜 、 年末年始 )


鳥取たくみ工芸店

                 「 民藝の教科書⑤ 手仕事いろいろ 展 」

                 平成26年9月19日(金) ~ 10月6日(月)
                 (期間中、9月24日、10月1日お休みです)

                
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
  
(なお)

'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
にほんブログ村

2014年 09月 18日 |
こんにちは


  今日もありがとうございます。

         ギャラリーたくみより
         明日19日(金)から始まります、手仕事いろいろ展のご案内です。
f0197821_12211051.jpg
                                                (ご案内のDM)


          今回はじめて開催します、「手仕事いろいろ」展は、
            グラフィック社より出版されている 「民藝の教科書」シリーズのなかの一つ
                     民藝の教科書⑤手仕事いろいろ
f0197821_12214572.jpg
                                                (本です)
            に  ちなんだ現代の民芸品を展示販売いたします。

 
            ただいま、 

             あたたかく包み込まれるような炎と色が魅力の 和ろうそく
             地元の方々に守られ続く がま細工
             日本の気候風土に合うイグサで作られた 花瓶敷き
             熱い炎を使ってつくりだされるガラス、鋏、鉄瓶
             美しい姿、力強さ、使い勝手のよい ほうき
             自然の恵みによってつくられる 和紙
             
 

           などが 並べられている最中です。

           本の掲載製品の全てが展示されているということではありませんが、
           会場は、ぬくもりのある品々であふれています。

           お近くへお越しの際は ぜひご来観くださいませ
           
  


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●         
     ギャラリーたくみ

            民藝の教科書⑤
               手仕事いろいろ

                   9月19日(金) ~ 10月6日(月)
                      午前10時 ~ 午後6時
                   (9月24日、10月1日は定休日です)
 




     鳥取民藝美術館より<
           
          9月23日(火) ~ 26日(金) 臨時休館いたします
            (展示入れ替え作業のため)
          
            ご不便をおかけいたしますが、どうかご了承くださいませ
          

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

(けい)
'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール