ブログパーツ
注目トピック
2008年 11月 16日 |
たくみ工藝店では印伝の小物も取り扱っています。

本日新入荷の小物(小銭入れ、名刺入れ、巾着など)のなかから、一部をご紹介いたします。

f0197821_22314999.jpg印伝とは鹿の革に漆で文様を描き出したもの。
さまざまな色と模様の組み合わせがあります。

可愛らしい麻の葉や…

f0197821_22322948.jpg
“勝ち虫”として縁起の良いとされるとんぼ。
f0197821_22333049.jpg
紫の地に散る小桜はしっとりと女性らしい雰囲気。

f0197821_22544712.jpg
最近では、従来男性向けに作られていた渋めのものが若い女性にも人気のようです。

定番のうろこ紋や青海波。
長く愛されてきたデザインは確かにきりりとして格好良いものです。

使い込むほどに手に馴染んでゆく表情の変化を楽しむのも印伝の醍醐味。

たくみ工藝店で、ぜひ手にとってご覧ください。




'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工藝店
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2008年 11月 15日 |
f0197821_21192614.jpg

11月14日より、たくみ工藝店ギャラリーで

「柳宗理のしごと―生活のかたち―」

が始まりました。

たくみ工藝店でおなじみの因州・中井窯シリーズやカトラリーの数々をはじめ、南部鉄器やミルクパン、出西窯シリーズ、そして、柳宗理デザインの代名詞ともいうべきバタフライ・スツールも出品中です。
f0197821_16364890.jpg

スマートでスタンダード。

日本を代表するプロダクトデザイナー・柳宗理の手と眼の世界を体感してください。

会期は12月1日までです。
f0197821_1555960.jpg




'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工藝店
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2008年 11月 13日 |

日本の魅力を再発見する雑誌
「Discover Japan」(枻出版社)の2008年秋号が書店にて発売中です。

f0197821_1372080.jpg

うつわ大国、ニッポン。

と冠した今号はまさに民芸特集。

パリのケ・ブランリー美術館で開催中の“MINGEI”をテーマにした展覧会のレポートや

ランドスケーププロダクツの中原慎一郎さんと
grafの服部滋樹さんによる鳥取来訪記、
(お二人はこの秋、鳥取市内で繰り広げられている“トットリノススメ”というイベントに賛同中)

手仕事フォーラム代表の久野恵一さんのインタビューなど、
読み応え充分です。

先日ご紹介した
「来鳥手帖」の著者、福田里香さんによる
お菓子と民芸のうつわのコラボレーションも鮮烈。

もちろん鳥取民藝美術舘とたくみ工藝店の紹介記事もあります。

若きクリエイターを中心に、新たに注目を集めている民芸の現在がわかる一冊です。

ぜひご一読下さい。






'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工藝店
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2008年 11月 11日 |
f0197821_1495148.jpg
柳宗理が生活のデザインを追い続けて60年になります。
使いやすく優しく美しい品々はその手から生まれました。

因州・中井窯ディレクションシリーズなど手仕事も出品いたします。

ご来場下さい。


柳宗理の仕事 ‐生活のかたち‐
【会期】2008年11月14日(金)~12月1日(月) AM10:00~PM6:00(水曜定休)
【場所】鳥取たくみ工藝店 2階ギャラリー



'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工藝店
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2008年 11月 08日 |
f0197821_8534188.jpg
「来鳥手帖」という冊子をご存知ですか?

お菓子研究家・福田里香さんと
みつばちトート店主・束松陽子さんが

“民芸”に導かれるようにして訪れた鳥取のことを書き綴った旅行記です。

一般書店での取り扱いはほとんどありませんが、
2004年の発行以来増刷を重ねる、知る人ぞ知るロングセラーです。

その中で、メインで取り上げていただいた鳥取民藝美術舘ですが
「来鳥手帖置いてないですか?」
というたびたびのお問合せにお応えすることが、これまでできませんでした。

満を持しての販売開始です。

民芸は良く知らないけど、ちょっと興味がある
といった若い人にぴったりのどこか愛らしい冊子です。

鳥取民藝美術舘、たくみ工藝店のいずれかでご購入できます。

ぜひご一読くださいませ。


たくみ工藝店はというと、先月のあけびに続き
またまた珍しい果実をいただきました。

その名も「むべ」という、
古くから宮中にも献上されているといういわれある実だそうです。

紅くてコロンとした実がかわいらしいです。

味はあけびとよく似ています。
f0197821_8535878.jpg

*むべ【郁子】
別名をトキワアケビといい、落葉性のアケビに対して常緑。
小葉は三枚、五枚、七枚と七五三に出るのでおめでたい木とされている。
花期は、4~5月。花弁がなくがく片が6枚、外側は緑白色で内側は暗紅紫色。





'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工藝店
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール