ブログパーツ
注目トピック
2017年 03月 13日 |
今月のたくみ21は、投入堂研究の40年に渡る成果をまとめられ上梓された倉吉の生田昭夫氏をおむかえして、「投入堂、解けた謎。深まる謎。」と題して講演していただきます。
【内容】国宝三佛寺投入堂の謎を追い続けて40年。「投入堂はいつ建てられたのか?」。「投入堂は赤かったのか?」「床下の斜材はもとからあったのか?」。など、資料が集まる度に謎は解けるが、新たな謎が深まる。
f0197821_1754612.jpg


たくみ21 参加申込は
その1.たくみ割烹店へ電話して下さい。 → TEL.0857-26-6355
その2.たくみ工芸店へメールで申し込んで下さい。← Click here!
(注)メールの場合は、前々日までにお名前・人数等をご連絡下さい。
   満席の場合はご容赦下さい。 メール等で返信させて頂きます。

『たくみ21』とは…
鳥取の文化や民藝などについて 「楽しく学び」、
食事をしながら講師を交えて 「楽しく交流」 する会です。

年会費等はありません。
どなたでも参加でき、参加したい時だけ会費が必要です。

どうぞお気軽にご参加ください。

::::::::鳥取民藝協会会員募集のご案内::::::::

詳細はこちらからご覧下さい。

'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ割烹店
電話 0857-26-6355

お問い合わせメール

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
にほんブログ村

2017年 03月 11日 |
こんにちは

鳥取民藝美術館別館・湖山池阿弥陀堂が国の登録有形文化財に登録されることになりました。
阿弥陀堂は鳥取市湖山池ほとりの高台に建っており、展望室の正面に見える津生島を阿弥陀仏に見立て、「阿弥陀堂」と吉田璋也が名付けました。
5月頃までご利用は出来ますので、鳥取民藝美術館にお申込み下さい(TEL.0857‐26-2367)。
尚、6月頃より改修工事を予定しております。
f0197821_11154879.jpg
f0197821_11155784.jpg
f0197821_11160833.jpg





'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2017年 02月 28日 |
鳥取民藝美術館 展示期間延長のお知らせ


現在、鳥取民藝美術館では平成二十八年度後期展示「文様の展開―願い祈り喜び愛でるー」および「吉田璋也の世界ー民藝とモダン」を開催しています。
当初のご案内では平成29年3月12日(日)をもって展示終了となる予定でしたが、この度展示期間を延長することに決定いたしました。

平成29年4月2日(日)まで現在の展示を開催しておりますので、お誘いあわせのうえお越しください。
(但し最終日の4月2日は14時閉館となります)

【新しい展示期間など】
平成29年4月2日まで
開館時間 午前10時~午後5時  
(但し最終日のみ14時閉館)
休館日 水曜日(但し祝日の場合は開館、翌日休館) 

2017年 02月 26日 |
こんにちは


ギャラリーたくみでは2月24日(金)から3月20日(月)まで「益子焼」を行っています。

f0197821_10583047.png



毎年恒例の益子焼展。今年も皿・湯吞・土瓶・スープ碗などたくさんの品々が揃いました。
栃木県を代表する、そして民藝を語るうえで決して無視することのできない、益子焼の現在をぜひともご覧になってください。
f0197821_10584759.png

f0197821_10585664.png

f0197821_1059021.png

f0197821_1059615.png

f0197821_10591467.png








〈ギャラリーたくみ〉
食卓
ギャラリーたくみ(鳥取たくみ工芸店2階)   
会期 平成29年2月3日(金)から2月20日(月)
   午前10:00 ~ 午後6:00

〈鳥取民藝美術館〉
階下 吉田璋也の世界―民藝とモダン―
階上 文様の展開―願い祈り喜び愛でる―

会期 平成29年3月12日(日)まで
   午前10:00 ~ 午後17:00
  (休館日:毎週水曜日)




(田中)
'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2017年 02月 09日 |
2月例会は鳥取市で漆工を営む橋谷田岩男さん(漆工芸會州堂代表・佐治漆研究会事務局長)を講師におむかえし「鳥取漆器と佐治漆の生産と流通の変遷 (因幡地方の事例)」と題し講演して頂きます。

【内容】因幡地方は、かつては漆器の産地であり、佐治町は鳥取県の漆生産の中心地であった。 しかし、現在は漆器も漆生産も衰退し産業として存在していない。その要因は、何であったのか。特に、佐治漆は「後光がさしている。日本一のウルシを産す」とまで評判であったが、昭和40年ごろから衰退してしまった。今後、「佐治漆復活」はできるのか。
f0197821_854164.jpg

【講師プロフィール】橋谷田岩男(はしやだいわお) 福島県会津若松市生まれ。父、兄は会津塗の塗師。 妻の実家鳥取に25年前に移り、同時に會州堂を創業。依頼25年間、鳥取で漆器業を営む。2014年鳥取市文化賞受賞。後継者の育成にあたる。漆器の技術とともに「鳥取の漆の研究」を続けている。早稲田大学人間科学部文化人類学 余語ゼミで「鳥取の漆の歴史と民俗」を研究する。

たくみ21 参加申込は
その1.たくみ割烹店へ電話して下さい。 → TEL.0857-26-6355
その2.たくみ工芸店へメールで申し込んで下さい。← Click here!
(注)メールの場合は、前々日までにお名前・人数等をご連絡下さい。
   満席の場合はご容赦下さい。 メール等で返信させて頂きます。

『たくみ21』とは…
鳥取の文化や民藝などについて 「楽しく学び」、
食事をしながら講師を交えて 「楽しく交流」 する会です。

年会費等はありません。
どなたでも参加でき、参加したい時だけ会費が必要です。

どうぞお気軽にご参加ください。

::::::::鳥取民藝協会会員募集のご案内::::::::

詳細はこちらからご覧下さい。

'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ割烹店
電話 0857-26-6355

お問い合わせメール

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
にほんブログ村