ブログパーツ
注目トピック
<   2016年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧
|
|
2016年 05月 30日 |
こんにちわ


新緑の季節ですね。
そんな中ギャラリーたくみでは5月27日(金)から6月13日(月)まで「かご・ざる展」を行っています


f0197821_1233078.png



一つ一つ手作りのかごやざるは編み目が美しく、じぃっと見入ってしまいます。
竹の爽やかな香りに包まれた展示になっておりますので、どうぞお立ち寄りください。
f0197821_1242815.png

f0197821_1242516.png

f0197821_124212.png

f0197821_1241788.png

f0197821_1241394.png

f0197821_124879.png

f0197821_124332.png








〈ギャラリーたくみ〉
かご・ざる展
ギャラリーたくみ(鳥取たくみ工芸店2階)   
会期 平成28年5月27日(金)から6月13日(月)
   午前10:00 ~ 午後6:00
  ※水曜日は定休日となります。


〈鳥取民藝美術館〉
民藝運動の実践者 吉田璋也
民藝へのいざない

会期 平成28年9月11日(日)まで
   午前10:00 ~ 午後17:00
  (休館日:毎週水曜日)




(田中)
'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2016年 05月 05日 |
今月のたくみ21は、県庁マンから映画監督に変身した森本和良氏をお迎えして、新作「鳥取龍馬伝・エピソード8」を堂々40分の上映! 監督の映画制作トーク。
森本映画の概要
 幕末の鳥取は、尊皇攘夷雄藩として活躍しましたがその輝かしい歴史が現代に伝わっていません。そこで、明治維新150周年(2018)までに、幕末から明治維新までの20年間を10のストーリーに分けて、維新の魁~鳥取藩飛翔~シリーズとして10本の映画を制作することとし、現在までに6本が完成しています。また、小泉八雲が鳥取にまつわる怪談を残しているのに、鳥取県民の多くがまだご存じないため、それを知って頂けるよう八雲の怪談映画を制作しています。sらにH27年に糖尿病を患い、糖尿病撲滅のために目覚めたので、自分本人、主治医、担当看護師が出演する糖尿病映画も制作。
f0197821_23345444.jpg

●明治維新150年カウントダウン記念映画
●黒木小太郎150回忌記念映画
●坂本龍馬誕生180年記念映画
維新の英雄、坂本龍馬は鳥取には来ていない。が、龍馬の同志、先生などの関係者は多い。
・千葉重太郎=北辰一刀流創始者千葉周作の弟子で桶屋町千葉道場主千葉定吉の長男。鳥取藩士で坂本龍馬の剣の師匠。大河ドラマ龍馬伝にもたびたび登場。
・岡田星之助=鳥取藩浪人で千葉道場勝海舟の門人。龍馬が作った日本で最初のカンパニー亀山社中の鳥取唯一のメンバー。ワルウェフ号船長だが五島沖で沈没。
・河田佐久馬=本圀寺事件のリーダー、龍馬の北海道開拓の同志、初代鳥取県知事。
これらの人物と龍馬の物語を史上初の映画化。

講師プロフィール(もりもとよしかず)
昭和32年鳥取市生まれ。子供時代に倉吉・八橋・郡家にも住む。鳥取西高等学校・近畿大学卒業、昭和56年鳥取県庁入り、平成23年鳥取県立図書館長を退職、平成24年12月に映画「本圀寺の大激論」で映画監督デビュー。
コンセプト:終幕維新は水薩長因備に御座候
(KIT)


たくみ21 参加申込は
その1.たくみ割烹店へ電話して下さい。 → TEL.0857-26-6355
その2.たくみ工芸店へメールで申し込んで下さい。← Click here!
(注)メールの場合は、前々日までにお名前・人数等をご連絡下さい。
   満席の場合はご容赦下さい。 メール等で返信させて頂きます。

『たくみ21』とは…
鳥取の文化や民藝などについて 「楽しく学び」、
食事をしながら講師を交えて 「楽しく交流」 する会です。

年会費等はありません。
どなたでも参加でき、参加したい時だけ会費が必要です。

どうぞお気軽にご参加ください。

::::::::鳥取民藝協会会員募集のご案内::::::::

詳細はこちらからご覧下さい。

'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ割烹店
電話 0857-26-6355

お問い合わせメール

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
にほんブログ村