ブログパーツ
注目トピック
<   2015年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
|
|
2015年 01月 22日 |
こんにちは


  一昨日は 大寒でしたね。
  その言葉を聞いたり、文字を見るだけで かなり寒く思ってしまいました。

  寒い日は あたたかな色を目にするだけでも ホッとします。


  今日は たくみ工芸店の商品から
  ホッとする色の染め絵を。

f0197821_16503311.jpg


 
f0197821_16513350.jpg
 
  
 
f0197821_1651893.jpg
 

f0197821_1652540.jpg


f0197821_16514488.jpg


        すべて、柚木沙未郎さんの作品です。
   
        それぞれ お話が浮かんできませんか?
        1枚でお話を作っても
        5枚を一つのお話に登場させても 楽しいですよね。


  
        額入りの猫は 店内に飾ってあります。(販売しています)
      
        額に入っていないものは、お店のスタッフにお声をかけてくだされば、
        ご覧いただけます。  (販売しています  1枚 税抜き 3600円)


        
        この冬も インフルエンザが流行しています。
        どうか みなさんお気をつけてくださいね。        

(けい)
'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2015年 01月 19日 |
こんにちは


  花屋さんに入ると、
  水仙や フリージア、スイートピーなど
  優しい色の春の花々が 迎えてくれます。

  
f0197821_15512724.jpg  外はまだまだ寒いのですが、
  今日は この美術館にも飾りました。

















  さて、前回の朝鮮の十長生の模様に続き、
  アイヌの文様をご紹介いたします。
    (4/19まで開催中の 「美を観る-雑誌『工藝』の世界- より)

  
f0197821_14462952.jpg
                                         (アイヌ 厚司 の文様)
                これは、厚司の後見頃に施されています。
                衣服などに施される刺繍は、
                祖母から母へ、母から娘へと母方の系譜に従って
                伝えられるそうです。
 

               
 
f0197821_14462110.jpg
                                        (煙管筒の文様)   
f0197821_1447936.jpg
                                         (小刀の鞘 の文様)
                一方、男性たちのあいだでは、
                父方の系譜から、彫刻文様などが伝えられます。

          小さな頃から、お母さんやお父さんの仕事をそばで見て教わり、
          一針一針、一彫り一彫り、願いをこめてつくり、
          また、自分も子供らに伝えていく。

          そうしたものを身につけることは、
          「守られている」という安心感になり、
          強くて優しい心を生むのかな っと感じます。


〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇


 開催中です

   ○鳥取民藝美術館

        階下(玄関のある階)   「吉田璋也の新作民藝(家具・木工・吉田医院)」
    
        階上             「美を観る-雑誌『工藝』の世界(後期)-海外他」    


        会 期  4月19日(日)まで (午前10時 ~ 午後5時)
        休館日  毎週水曜日
               (但し、水曜日が祝日の場合は開館、翌日休館)




   ○ギャラリーたくみ(鳥取たくみ工芸店2階)
      
             暮らしの道具カタログ
    
         会 期 2月2日(月)  午前10時 ~ 午後6時
         定休日 毎週水曜日
              (但し、水曜日が祝日の場合は開店、翌日休)

〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
                                                        
(けい)

'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2015年 01月 15日 |
こんにちは


      今年2015年は、 
      真っ白な景色から始まりました。

      美術館前の花も 
      冷たく重い雪に覆われ、見えなくなってしまっているその上に
      さらに 舗道をかいた雪が積み上げられるという状態で、
      随分気にかけていたのですが、

      やっと、かわいい姿を見せてくれています。
      (まだ、ペタンコですが、これから!)
f0197821_15252031.jpg



      さて、このブログを読んでくださっている皆さまは、
              『十長生』
      をご存知ですか?

      朝鮮で独自に展開した、
      鶴、鹿、亀、日、雲、石、水、松、竹、霊芝
      といった10種の自然物象を集めて長寿を願う、不老長寿の思想
      だそうです。
      「シプチャンセン」というそうです。

     
f0197821_1538045.jpg

      
      現在 当館階上で展示中の工藝品にも そのモチーフが見えます。

    
      ご来館の際は、探してみてくださいね。

      
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇


 開催中です

   ○鳥取民藝美術館

        階下(玄関のある階)   「吉田璋也の新作民藝(家具・木工・吉田医院)」
    
        階上             「美を観る-雑誌『工藝』の世界(後期)-海外他」    


        会 期  4月19日(日)まで (午前10時 ~ 午後5時)
        休館日  毎週水曜日
               (但し、水曜日が祝日の場合は開館、翌日休館)




   ○ギャラリーたくみ(鳥取たくみ工芸店2階)
      
             暮らしの道具カタログ
    
         会 期 2月2日(月)  午前10時 ~ 午後6時
         定休日 毎週水曜日
              (但し、水曜日が祝日の場合は開店、翌日休)

〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇


(けい)
'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2015年 01月 12日 |

      成人の日、ですね。おはようございます。


f0197821_9443551.jpg



      鳥取市では、1月3日にすでに成人式が開催されましたが、
      きょうは各地で同級生との再会が果たされているんでしょうね。

      この頃、新成人さんはお式の1年前から振袖やヘアメイクの予約をされる、
      と聞きました。   
      嬉しいことは 早くから準備したいもの、
      この日を心待ちにされていた方も多いのではないでしょうか。
    
     
      育てられた親御さんもひと区切り、
      成人になられた方も「ここから大人になるんだなぁ」の区切り、なのかな、と感じたりして。

      自分で漕ぎ出していく世界が、大きくあたたかいものでありますように。     

      新成人のみなさま、おめでとうございます!
    
 
     
(なお)

'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
にほんブログ村

2015年 01月 08日 |
吉田璋也のプロデュース・デザイン図録(日本語版)が、いよいよ刊行されました。
『吉田璋也の世界 Shoya Yoshida Design Collection』
発行者:鳥取民藝美術館 TEL.0857-26-2367 鳥取民藝美術館
販売元:中央印刷(株)  TEL.0857-53-2221 中央印刷
(2,700円+税)※美術館から発送の場合、送料1冊360円(レターパックライト)
ご注文は上記何れでもお受けいたします。
鳥取民藝美術館・たくみ工芸店・鳥取県内主要書店でも近日発売します。
(追記:鳥取民藝美術館では、1月10日より販売開始いたします)
また、amazonでも購入できます。
f0197821_23154916.jpg

2015年 01月 05日 |
 高島屋京都店・大阪店で開催される文化催事『デザイナー芹沢銈介の世界展』に併せて大規模に開催される全国の『民藝展』の中に、特別枠として鳥取民藝のスペースを設け、新作民藝運動において大きな業績を残した吉田璋也(鳥取市生まれ、明治31年~昭和47年)を中心とした鳥取民藝の過去・現在・将来が俯瞰できる展示及び鳥取の民工芸品の販売を下記のとおり行います。
f0197821_1659960.jpg


(1)高島屋・京都店・7階催し会場(京都市下京区四条通河原町西入真町52番地)
  平成27年1月7日(水)~1月12日(月)(6日間)
(2)高島屋・大阪店・7階催し会場(大阪市中央区難波5丁目1番5号)
  平成27年1月21日(水)~1月26日(月) (6日間)
(3)展示品
  ①吉田璋也の新作民藝(昭和6年~昭和30年代頃、鳥取民藝美術館蔵)約10点(非買品)
  ②吉田璋也を受け継ぐ現在の民藝(22者)
  ③吉田璋也の運動を今日的に見直し継承する新たなデザイン(デザイナー1者+12者)
(4)出品者
 陶 芸 牛ノ戸焼、因州・中井窯、延興寺窯、山根窯、国造焼
 染 織 工房ゆみはま、西尾正道、山下健、田中文子,しまいべ織
 木 工 鳥取民藝木工、竹本木工、鎌谷木工
 家 具 新木コーポレーション、西山家具、ウッド・ファクトリー、新設家具
 和 紙 大因州製紙協業組合、長谷川憲人製紙
 金 工 大塚刃物鍛冶、ツリー・フロッグ
 ガラス ガラス工房北里
 その他 エヌ・シー(LED)
 デザイン 白岡崇(ヒョウ・デザイン)

'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2015年 01月 01日 |
新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
さっそくですが、今年第1回目の「たくみ21」は清末忠人先生に「マツバガニあれこれ」と題してお話して頂きます。生物学・民俗学・歴史学の幅広い松葉蟹に係るお話となります。料理は「若松葉蟹」! お楽しみに。
f0197821_12543827.jpg

(KIT)

たくみ21 参加申込は
その1.たくみ割烹店へ電話して下さい。 → TEL.0857-26-6355
その2.たくみ工芸店へメールで申し込んで下さい。← Click here!
(注)メールの場合は、前々日までにお名前・人数等をご連絡下さい。
   満席の場合はご容赦下さい。 メール等で返信させて頂きます。

『たくみ21』とは…
鳥取の文化や民藝などについて 「楽しく学び」、
食事をしながら講師を交えて 「楽しく交流」 する会です。

年会費等はありません。
どなたでも参加でき、参加したい時だけ会費が必要です。

どうぞお気軽にご参加ください。

::::::::鳥取民藝協会会員募集のご案内::::::::

詳細はこちらからご覧下さい。

'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ割烹店
電話 0857-26-6355

お問い合わせメール

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
にほんブログ村