ブログパーツ
注目トピック
<   2010年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧
|
|
2010年 11月 29日 |
みなさん、こんにちは。北風が冷たくなって、鍋物シーズン到来です。
たくみ工芸店では先日、伊賀丸柱の土鍋が入荷しました。
ごてごてした柄のお鍋は興ざめですが、こちらの土鍋は優しい色合いで形もシンプル。

f0197821_12354688.jpg





ギャラリーたくみの次回の催しは「暮しにちなんだもの」です。

ご進物から、新しい年への準備に…
この土鍋をはじめとしてコーヒー椀皿・酒器・茶器・大小組皿などなど、
器たちを様々な組み合わせでディスプレイし、「暮しにちなんだもの」を皆さんに提案します。


会期は12月4日(土)から来年の1月10日(月)まで。
(12月30日~1月3日はお休みですのでお気をつけくださいね)



現在開催中の「手仕事逸品の会」は今日が最終日。
まだの方はぜひ。

北風に負けないで、楽しくなるようなものを見つけに街に出かけましょう!



(まる)

'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
にほんブログ村

2010年 11月 25日 |
透き通る姿が美しい、新鮮な松葉ガニ。 堂々たる姿です!
みなさん、こんにちは。たくみ割烹店で仕入れたばかりのところにお邪魔しました。
割烹では、松葉ガニは「焼」、「鍋」、「ボイル」で味わうことができます。
f0197821_1254236.jpg



「焼ガニ」は甲羅だけは厨房で焼いてお出ししますが、
後は炭の入った七輪を卓上にお出しするので、お客様ご自身で。

新鮮な松葉ガニですから、ミディアムくらいの焼加減がおすすめとのこと。
焼いた甲羅の中のカニみそを、ディップのようにして味わうのは通の証?
何もつけないで、そのまま、カニの甘みが凝縮した身を食するもよし。



「カニみそ鍋」は、まずお鍋に甲羅を沈めて火を通して、カニみそから味わいます。
濃厚なみそを堪能したら、その旨味が溶け出ただしのなかでカニの身やお野菜を。
〆は雑炊。卵が半熟のうちに…



f0197821_12544348.jpg


「ゆで松葉」は店主・阿部さんのお手製のカニ酢でどうぞ。
甘酸っぱいカニ酢で、松葉ガニの甘みが一層ひきたちます。


写真左の親ガニも、同様にボイルで提供しています。
親ガニはなんといってもカニの卵である内子と外子がお楽しみ。



さて、どのカニ料理を選びますか?
いずれを選ばれたとしても、たくみ割烹店でカニを堪能した後は
しばし口福の余韻に包まれることでしょう!



(まる)





'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
にほんブログ村

2010年 11月 22日 |
みなさん、こんにちは。こちらの電気シェード、
たくみ工芸店の倉庫に眠っていたものを先日きれいに和紙を張替えて頂きました。

f0197821_13185975.jpg




工芸店やたくみ割烹店で使用されている菱形意匠は吉田璋也、
この写真のそろばん玉型意匠は河井寛次郎だとのこと。


鳥取民藝美術館で現在開催中の「民藝への招待」~吉田璋也の集めたモノ・作ったモノ~
こちらにも展示しています。
実際に明かりを灯しているので、柔らかな光を放つシェードを是非ご覧くださいね。



側面に、はめ込み式の戸があり、桟の一部もこのように取り外すことができます。
電球や和紙を張り替えやすい配慮がなされているのです。


この計算しつくされたデザインに驚くと同時にただただ感心。
f0197821_13192931.jpg




この凛とした佇まいの電気シェードは、華美で無駄な装飾はなく「引き算」の美学の結晶なのかも。
…「そろばん」に掛けてみました。

お後がよろしいようで?


(まる)



'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
にほんブログ村

2010年 11月 18日 |
みなさん、こんにちは。
先日、たくみ工芸店の棚の奥からでてきたもの。これは何でしょう?

f0197821_12561810.jpg






主任に聞いたところ、「パン切りナイフ」のカバーだそうです。
ずいぶんと前のことで不明ですが、これに入れて販売していたのでしょうか?
f0197821_1256499.jpg

                         小さい「果物ナイフ」用のカバーも。




厚紙に模様紙を貼り付けたお手製。
形も美しく、見えないところにも心配りがしてあり、非常に丁寧な仕事がしてありました。



工芸店では「模様紙」と大因州製紙さんの「染和紙」類がありますから
挑戦されてみるのも一興かも。
f0197821_1331898.jpg












f0197821_12573994.jpg













小さくて華やかで可愛らしいもの。
こういうものは、目にするのも自分で作るのも心の喜びになりますね。
日が暮れるのも早くなり、長い夜になってきました。
細切れでも少しだけでも自分の時間を見つけて、何か手作りする時間をもってみませんか?





ハナミズキの鮮やかな赤い実が、鳥取民藝美術館と工芸店を彩ってくれました。
今日もちょっと楽しいことを見付けつつ。
f0197821_12592062.jpg





(まる)


'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
にほんブログ村

2010年 11月 15日 |
みなさん、こんにちは。 たくみ工芸店で始まりました「第7回・手仕事逸品の会」。
日本だけでなく、海外の手仕事のお薦め品も揃えました。
f0197821_1365561.jpg


こちらの「倉敷ガラス・小谷真三さんの切立鉢」ブルーとホワイトの色合いが新鮮です。





陶磁器、編粗品、木工、ガラス、染織などなど
ギャラリーたくみの中をじっくりご覧くださいね。「あっ!」という出会いのものがあると思います。

f0197821_1239388.jpgf0197821_13121765.jpg














「会津・山ぶどう細手提げ」と「小鹿田・蓋付き壷」
手提げは目立たないようにファスナーがついて、スリムな形状なので使い勝手がいいですよ。







これからの季節はホームスパンの「ネックウェア」と「ネクタイ」で。
暖かな風合いと色づかいで、暗めの色調になりがちな冬のコーディネイトのアクセントにしてみては?

f0197821_13211511.jpg









「長岡・佐藤多香子・縦横絣タペストリー」と「アフリカ・ド族の木工マスク」
f0197821_12502696.jpgf0197821_13202280.jpg

国も素材もテイストも全く異なるのに、ギャラリーの中の逸品たちは見事に調和しています。
なぜでしょう?









今日の鳥取はしとどに降る冷たい雨で、すっかり冬もよう。
ついつい気分も塞がりますが
こんな時こそ、日々、ちょっぴり嬉しくて楽しくなるものを探しに来てくださいね。





猫ちゃんもいます。

f0197821_1227248.jpg



…ちなみに芹澤けい介型絵染め額であります。


会期は11月29日(月)まで   お待ちしております!



(まる)



'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
にほんブログ村

2010年 11月 11日 |
山根窯の長角鉢にもなぜかしっくりときている、この原始的な風貌の実は何でしょう?
みなさん、こんにちは。アケビかな?
f0197821_12482923.jpg




答えは「ああ、むべなるかな…」が語源の「ムベ」です。
由来はスタッフにお尋ねください。興味深いですよ。



11月8日まで、たくみ工芸店2Fのギャラリーたくみでは「山根窯・石原幸二作陶展」を開催し
沢山の方に喜んで頂きました。
最終日の閉店後に石原さんの奥様が
「こうやって会が終わって片づけをしてると、ふっと寂しくなるね」と。

鼻の奥がつん、とするような感じ。 温かい、いい会でした。 皆様に感謝です!




さてさて、明日11月12日(金)からは「第7回 手仕事逸品の会」です。

f0197821_1235899.jpg






届いた荷物を開ける度に、おもしろいものが沢山あって、ちょっぴり楽しい開封作業でした。

会期は11月29日(月)まで。

明日をお楽しみに!


(まる)



'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
にほんブログ村

2010年 11月 08日 |
みなさん、こんにちは。ギャラリーたくみで好評開催中の「山根窯 石原幸二作陶展」も
今日が最終日です。まだの方はぜひ、この機会に!

f0197821_124018.jpg






では、ここからはたくみ工芸店の新入荷のご紹介。

愛らしい兎さん。柳屋さんの「いなばの白兎」お面です。
実物を見に来てくださいね。思わず笑顔になると思いますよ。
f0197821_13134982.jpg







こちらは若狭の「乾漆箸」。お色は黒と朱。サイズも大と小があります。
手にしっくりとなじむお箸です。
なによりすべりにくいので小さなお豆さんなども!楽に摘むことができます。

f0197821_1250260.jpg





小田中耕一さんの型染カレンダー。
今年は卓上のものでしたが、来年は大きな一枚ものです。
工芸店に見本をはっています。それをご覧になった多くの方が「これ、ください」と。
デザインも色も美しく、目を惹く魅力的なカレンダーです。

f0197821_13171080.jpg





こちらは隠岐の島の「海士の塩」。
塩のとんがった辛みではなく、うまみがあるので口当たり柔らかで美味しい塩です。
パッケージは小田中耕一さん。ちょっとしたお土産にも最適。

f0197821_1251581.jpg







しんがりは…加藤廉兵衛さんの今年の干支、「雪うさぎ」です。

「雪うさぎ?」
f0197821_13154100.jpg



膝の上に。




(まる)



'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
にほんブログ村

2010年 11月 04日 |
「大地の公園」とも言われ、国内に14箇所ある日本ジオパークの中で、
洞爺湖有珠山、糸魚川、島原半島に次いで
山陰海岸ジオパークが日本で4番目に世界ジオパークに認定されました。
f0197821_9181855.jpg

                               (菜種五島:写真提供・鳥取県文化観光局)
今月は安藤和也氏(鳥取県文化観光局観光政策課 山陰海岸ジオパーク推進室 専門員)を講師に、ジオパークとは何か?山陰海岸の魅力とは? にせまります。
美しい自然景観たっぷりの画像をお楽しみ下さい。

吉田璋也たちが守った「鳥取砂丘」や「湖山池」も山陰海岸ジオパークの大切な要素なのです。
民藝運動の先人の物事に対する先見性や洞察力にはいつも驚かされます。
f0197821_929032.jpg

たくみ21 参加申込は
その1.たくみ割烹店へ電話して下さい。 → TEL.0857-26-6355
その2.たくみ工芸店へメールで申し込んで下さい。← Click here!
(注)メールの場合は、前々日までにお名前・人数等をご連絡下さい。
   満席の場合はご容赦下さい。 メール等で返信させて頂きます。

『たくみ21』とは…
鳥取の文化や民藝などについて 「楽しく学び」、
食事をしながら講師を交えて 「楽しく交流」 する会です。

年会費等はありません。
どなたでも参加でき、参加したい時だけ会費が必要です。

どうぞお気軽にご参加ください。

::::::::鳥取民藝協会会員募集のご案内::::::::

詳細はこちらからご覧下さい。

'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ割烹店
電話 0857-26-6355

お問い合わせメール

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
にほんブログ村

2010年 11月 01日 |
みなさん、こんにちは。たくみ工芸店2Fのギャラリーたくみで
待望の「山根窯・石原幸二作陶展」が始まりました。

f0197821_1255989.jpg






f0197821_1256511.jpg

ギャラリーに入ると、
寒い外から暖かい我が家に「ただいま!」と帰ってきたような
そんな柔らかな空気に包まれます。














f0197821_1305731.jpg

自分のお気に入りにして大事に使いたくなるような器が沢山ありますよ。













f0197821_12492565.jpg

石原さんは日本をはじめ、外国の民芸品や古道具がお好きなのだとか。
美しいもの、ユニークなもの、使い勝手のよい昔ながらのもの…

いろんなモノを見て、集め、使うことでインスピレーションを受け
私たちに使う歓びを与えてくれる器が石原さんの手からうまれているのでしょう。













f0197821_13122750.jpg

会期は11月8日(月)まで。11月3日(水)は営業します。
翌日の4日(木)はお休みです。













石原さんは期間中、在廊されます。
ご夫妻の朗らかであたたかいおもてなしに、どうぞ和みにお越しくださいね。
f0197821_1257298.jpg






奥様が活けた山野草も、花入れとお互いが引き立て合って。
できた柔らかな影もまた、素敵なのです。
f0197821_13114822.jpg





(まる)


'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
にほんブログ村