「ほっ」と。キャンペーン
ブログパーツ
注目トピック
<   2010年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧
|
|
2010年 04月 29日 |
4月13日のことです。
鳥取民藝美術館では企画展「祈りの工藝」の
展示替えの真っ最中でした。

5日間の展示替え期間には、展示はもちろん
後片付けや掃除など、様々な方にご協力いただいています。

作業の合間のお楽しみは、やっぱりごはん!
この日は山根窯の石原幸二さん、中井窯の坂本章さんとお弟子さんの安田さん
延興寺の山下裕代さん、前学芸員の前田環奈さん。
たくみ割烹店での昼食です。


f0197821_13171158.jpg



私たちは「松花堂弁当」注文チームと「ハヤシライス」注文チームに分かれました!
f0197821_13242077.jpg



私は「松花堂弁当」を頂きました。
地元のもので、旬の食材が中心のおかずが詰まっていて、「松花堂弁当」注文チームは
「美味しい!」を連発です。

松花堂弁当は毎日メニューが変えてあり(平日お昼のみ)
「昼食は毎日、たくみ割烹で」
という方も多いそうです。

美味しく、バランスもとれるし、彩りも美しい。
食後にコーヒーかフルーツも選べて、言う事なしです。


「ハヤシライス」注文チームも
美味しさに大満足。
割烹の安部一郎さんに伺ったところ、ポイントは鳥取牛、玉ねぎ、トマト、とのこと。
じっくり煮込んだハヤシライス。
ファンが多いのも頷けます。


こちらもコーヒーかフルーツを選ぶことが出来ますし、
サラダもついてます!


美味しい食事を頂きながら、話もはずみます。
たくみ割烹店のメニューや器に始まり
陶工さんたちにしか聞けないお話などなど…。

気持ちもリフレッシュして
満腹のおなかをさすりつつ、作業にもどったあの日でした。



(まる)



'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2010年 04月 26日 |
お蔭様で、鳥取民藝美術館の企画展「祈りの工藝」
そして、たくみ工芸店の2Fギャラリー「小鹿田焼 老陶工の会」
共にたいへん好評を頂いております。



今日の鳥取は、うららかです。


たくみ工芸店プレゼンツ「端午の節句」。

左から沖縄の盒子、加藤廉兵衛さんの土人形の「寅」と「金太郎」
f0197821_12574166.jpg



ご覧ください。盒子の中には「ちまき」が!
材料は近くにあったバラン。
手先の器用な主任による力作です。

f0197821_13114925.jpg



鯉のぼり、五月人形、兜…
理想ですが昨今の住宅事情では、なかなか難しいですよね。

工夫次第でこんなに楽しむことができます。

土人形も「桃太郎」や「牧童」に変えたり、柳屋さんの張子の「寅」にしても。
「ちまき」を入れる器は
ぐい飲みにアレンジしたり…

f0197821_1321155.jpg



出西窯の舟徳利に活けているのは、タイツリソウです。
画竜点睛!

(まる)


'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2010年 04月 23日 |
今日からたくみ工芸店2Fギャラリーにて始まりました。


今回は、
黒木力さん、坂本茂木さん、坂本一雄さん、柳瀬朝夫さん

f0197821_1333586.jpg



小鹿田の4人の陶工さんによる、まさに逸品の会となっています。
f0197821_138403.jpg



きりり、とした中にも大らかさも感じるのは、熟練した陶工さんのなせる技なのでしょう。



f0197821_13172749.jpg




「あれも欲しい」「これも素敵」
写真を撮る手もとめて、じっくり見入ってしまいます。
f0197821_13175558.jpg



会期は本日4月23日(金)から5月10日(月)まで。
f0197821_1320597.jpg



お待ちしております!

(まる)

'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2010年 04月 17日 |
本日4月17日(土)から鳥取民藝美術館にて
企画展「祈りの工藝」が始まりました。



「生活することと祈ることはとても近しい行為です。
人びとは祈りながら生活を営み、それが表現となって工芸品に刻まれ、また生活へと
還元されていくのです。
哀悼、祝福、愛慕、信仰など、思いは様々ですが、そこには、いつの時代も
それぞれの生活を生き抜いてきた人の息吹があります。
当館蔵の木喰仏、珊瑚厨司甕など出品します。」(DMより)






2Fが「祈りの工藝」で階下が「山陰の手仕事」の展示となっています。


f0197821_1246163.jpg




無事に本日を迎えることが出来たのも、多くの方々のご協力のお陰です。
この場をかりて御礼申し上げます。




展示替開始4月12日から着任の、新学芸員の岸本佳子さんが
ぴかぴかの笑顔でお待ちしております。


(まる)


'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2010年 04月 14日 |
3月のことでした。
数ヶ月おきのご訪問、印傅屋さんです。

f0197821_12522663.jpg

担当の清水さん。

山梨を出発して、まず、大阪へ。
それから、てんてん…と西は山口県の下関まで
お店をまわる、とのこと。


入荷しました!
f0197821_12554818.jpg




古典柄のとんぼ、小桜、青海波などは定番人気。
そのほかペイズリー、チロリアンテープなど、新しい柄も展開されています。

今回の注目は、「チロリアンテープ」の小物たち
f0197821_12565220.jpg


上から札入れ、小銭入れ、印鑑入れ。


清水さんが様々な商品を広げている最中に
ご来店いただいたお客様は、幸運です。

ほとんどの方が、印傅の魅力に参ってしまい、その場で何かを
お求めくださるのです。(お店にとっての幸運?)



たくみ工芸店では、常時、取り扱っております。
お店の奥まで進んでください。


根付、ペンケース、キーケース。手提げもあります。
その他、いろいろ。
楽しいですよ。



前回も申し上げましたが、只今、鳥取民藝美術館は…
展示替えのため、4月12日(月)から16日(金)まで臨時休館とさせていただきます。
何卒、ご了承くださいませ。


なお、たくみ工芸店は通常通り営業しております!

(まる)



'''''お問合せ先''
''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2010年 04月 10日 |
本日の鳥取は快晴。


f0197821_12464432.jpg

寒い、寒い…と思っていたのに、ハナミズキもほころびました。




たくみ工芸店の2Fギャラリーにて「春の染織」
4月9日(金)から始まりました。
f0197821_12485332.jpg



春素材のブラウス。どのようにコーディネートしましょうか?
f0197821_139312.jpg



鉄製のどうぶつ君たち。
f0197821_12592925.jpg


コースター・ポーチ・カトラリーなど、小物も充実。
f0197821_130556.jpg





ペルーのポシェット。


f0197821_1311082.jpg


ボタンが「顔」!


(まる)
'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2010年 04月 08日 |
女性に人気の高い染織。
お待たせしました。

春素材のブラウス・プルオーバーやスカーフをたくさん揃えました。

コースター・ランションマット・ハンカチなど小物から
スカート・パンツ…色々と入荷しています。

f0197821_12405243.jpg

DMの色差し中。


2階は展示中!



会期は明日4月9日(金)から19日(月)まで。


春物は、爽やかで、軽やか。
選ぶのが楽しい!

(まる)



'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2010年 04月 05日 |
桜もほころび、心も喜ぶ4月です。

鳥取民藝美術館からお知らせです。

現在、鳥取民藝美術館六十周年記念 企画展「吉田璋也・新作民藝の展開」
を催しています。
こちらが、4月11日(日)までとなります。



お客様に人気の吉田医院門柱タイルと診察椅子。
f0197821_12445962.jpg



穏やかな時間が流れて。
f0197821_1312264.jpg



8月22日からの展示でしたが、あと、残り1週間をきりました。
「懐かしい」と思ってご覧になる方、
「可愛い!」とお声をかけていただいたこともありました。
それぞれの方に、その方なりの思いをもってご覧いただいている様子を
受付から拝見していたので、この空間への愛情が湧いてしまっています。




次回は、「祈りの工藝」の予定です。
f0197821_1311995.jpg



階上が「祈りの工藝」の展示で、階下は「山陰の手仕事」です。
会期は4月17日(土)から9月12日(日)まで。

展示替えのため、4月12日(月)から16日(金)まで臨時休館とさせていただきます。
何卒、ご了承くださいませ。






赤ちゃんの足と、抱っこする手。
ここにも「祈り」が…
f0197821_12572278.jpg


(まる)

'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2010年 04月 01日 |
今週から始まったNHKの朝の連ドラ
「ゲゲゲの女房」の水木しげるさんは境港出身ですが
境港にいて、世界的に活躍した写真家植田正治も有名です
今月は竹氏倫子さんに植田正治を語って頂きます。
シュルレアリスムとは「超現実主義」のことで
ダリやマグリットが有名ですが、写真ではマン・レイですね
…シュルレアリストたちが発見した美…
「手術台の上でのコウモリ傘とミシンの出会い」
「美の発見」という意味では「民藝」も、第1次大戦後の「近代」における「美の発見」という意味で
共通なのかも…ちょっと、ひっぱりすぎか・・・?!   (KIT)

画像をクリックすると拡大できます。
f0197821_11552733.jpg



『たくみ21』とは…

鳥取の文化や民藝などについて
「楽しく学び」、
食事をしながら講師を交えて
「楽しく交流」
する会です。

年会費等はありません。
どなたでも参加でき、参加したい時だけ会費が必要です。

どうぞお気軽にご参加ください。



::::::::鳥取民藝協会会員募集のご案内::::::::

詳細はこちらからご覧下さい。


'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ割烹店
電話 0857-26-6355