ブログパーツ
注目トピック
<   2010年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧
|
|
2010年 01月 28日 |
皆様、こんにちは。
お向かいさんから早くも春の使者のおすそ分けをいただきました。
f0197821_15191682.jpg
昨日BShiで放送された番組をご覧になった方々から、早くも多くのご感想や問い合わせをいただいております。

なかでも人気なのはやはり木製電気スタンド!

たくみ工芸店で取り扱いのあるものについては、サイズや価格などはこちら↓のページをご参照ください。

木製電気スタンドについて

f0197821_15194370.jpg

中井窯や宝月堂など、たくみ縁の作り手さんが多く出演なさっていましたね。

オーダーメイドの万年筆専門店「万年筆博士」さんも、数年前に吉田璋也プロデュースのイカ墨セピアインクを復刻販売したときにお世話になったご近所の名店です。
f0197821_15201532.jpg

この番組が、多くの皆さんと私たちとが出会うきっかけになれば、と願っております。




ここで、このブログについてお知らせとお願いです。

このたび、ブログ担当スタッフが変わることにより、
しばらくの間、今までどおりの頻度で更新ができなくなる可能性があります。

更新のペースはスローダウンしますが、今までどおり、皆様に新しい情報をお送りしてまいります。
どうかあたたかくお見守りいただきますよう、お願い申し上げます。


これまでの記事は鳥取民藝美術館学芸担当の前田がお届けいたしました。
この場をお借りして、ご覧いただいた皆様にお礼を申し上げます。

本当にありがとうございました。

これからも、鳥取民藝美術館、たくみ工芸店、たくみ割烹店
そしてたくみブログを変わらずご贔屓いただけましたら幸いです。




'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2010年 01月 25日 |
皆様、こんにちは。
昨日はまぶしいほどの快晴だったのに、今日はまた冬に逆戻りですね。
f0197821_13134222.jpg

さて、昨年末に中国地方のみで放送されたNHK鳥取放送局製作の番組

「あいたい~手仕事の匠・山咲トオル鳥取の旅~」

が再放送されます。

今回はBSハイビジョンでの全国放送です。
昨年の放送後、
「とても面白かったのに全国放送じゃないのはもったいないね」
と何人かの方に言っていただいた番組です。

今度こそ全国放送です!
旅人役をつとめた山咲トオルさんやスタッフの皆さんに感謝します。

さて、肝心の放送日時は

1月27日(水)午後4時~
チャンネルはNHK BS-ハイビジョンです。
f0197821_13142680.jpg

一度ご覧になった方も、初めてご覧になる方も、ぜひチェックしてくださいね。




'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2010年 01月 21日 |
皆様、こんにちは。

鳥取民藝美術館には、よくいらっしゃる常連のお客様がいます。
本日は、その中のおひとりについてお話します。
f0197821_11545457.jpg

その年配のご婦人は、鳥取民藝美術館の引き戸を開けると、いつも満面の笑みをたたえて、こうおっしゃいます。

「先生、こんにちは」

先生とは、創設者・吉田璋也のことです。
彼女は、璋也が院長をつとめた吉田医院で、お若い頃看護婦さんだった人なのです。

入り口近くにいつも掛けてある吉田璋也の肖像写真を見上げながら、
懐かしそうに、写真と語りあうように、受付にいる私たちに当時のお話を聞かせてくださいます。

優しかった「先生」のこと、「先生」がいつもしていた民藝の話…
f0197821_11554434.jpg

「年をとると、昔のことばかり思い出されて…」
「ここへ来ると、いつも先生の写真があるけえ、お会いできたようで嬉しゅうて」

帰り際には、必ず、

「先生、さようなら」

とお帰りになります。

本当に懐かしくて嬉しい、といった素敵な笑顔を拝見していると、吉田璋也がこの小柄な老婦人のなかに生きているように思えて、こちらも胸が熱くなります。


小さな美術館ですが、この鳥取民藝美術館は
彼女のような人や、璋也の思いに呼応した人たちのよりどころであり続けたいと願うばかりです。




'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2010年 01月 18日 |
久しぶりのお天気で、凍みた雪も溶け始めました。

たくみ工芸店2Fギャラリーの「残念品の会」も、この陽気に誘われた方々で賑わっています。


f0197821_1481110.jpg



小鹿田の大小さまざまな器、沖縄ガラス、染織の小物や服…


f0197821_1484793.jpg


宝探しのごとく、お気に入りを見つけに来てくださいね。

'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2010年 01月 14日 |
皆様、こんにちは。

本日の鳥取はちらちらと綿毛のようなパウダースノーが舞っています。
このところ水分を含んだ重たい雪が降ることが多かったのですが、今日の雪はなんとも軽やかです。

鳥取砂丘も今日のような日はうっすら雪化粧して、いっそう美しいかもしれません。

たくみ工芸店には、今日のような鳥取の情景を彷彿とさせるお菓子が置いてあります。
f0197821_12372722.jpg

たくみ工芸店の商品で唯一の食べもの。
創設者・吉田璋也がプロデュースした宝月堂の生姜せんべいです。

薄くなめらかなせんべいの表面にさっと生姜糖を刷いたもので、
ほっとする素朴な甘さの、鳥取ではおなじみの味です。
今ではあまり見かけなくなったような気がしますが、ブログ担当スタッフが子供のころは、近所で花嫁さんがあるとお祝いに生姜せんべいが配られたりしたものです。
f0197821_12384513.jpg

璋也プロデュースの懐かしくも可愛らしい箱入りで、遠くは北海道からもご注文をいただく人気者です。

作っておられる宝月堂さんは、現在お若いご主人がこの伝統のお菓子を継いでらっしゃいます。
気取らない姿と味が、普段のお茶うけにも、ささやかな贈り物にもぴったりです。
f0197821_12392935.jpg

いつもお世話になっている、鎌倉・もやい工芸の久野恵一さん率いる“手仕事フォーラム”のブログでも、メンバーの久野康宏さんがこの生姜せんべいをとりあげていらっしゃいました。

派手さはちっともありませんが、がりりと噛みしめると口のなかにほんのりとした甘みと生姜の香りが広がります。

鳥取銘菓にふさわしい逸品です。




※たくみギャラリーの「残念品の会」は明日15日より開催します。



'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2010年 01月 14日 |
明日から、たくみ工芸店2Fギャラリーで開催します。

f0197821_13563665.jpg



これは、ダイレクトメールの色差し中。
2Fでは、展示の真っ最中です。

山きず、ゆがみ、釉薬が変化しすぎた物など、各品種、大小様々な品が並ぶ予定です。


「次回は、いつ?」とのお尋ねも多かった、何年に一度のお得な会です。
会期は明日15(金)から31(日)まで。
 
お楽しみに!




'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2010年 01月 11日 |
皆様、こんにちは。
f0197821_14111719.jpg
七草やトンドも終わり、お正月気分もようやく抜けてきたような…

ショウウインドウの可憐な乙女椿のつぼみが大きく花開きました。
こんな綺麗な花を眺めていると、早くも春が待ち遠しくなります。

たくみ工芸店二階で年をまたいで開催されている

「古今東西 手仕事逸品の会」

も、いよいよ明日が最終日です。
見逃したものはございませんか?

15日からは数年に一度の「残念品の会」がはじまります。
わけあり品をお値打ちでご紹介いたします。
こちらもご期待くださいませ。
f0197821_14241336.jpg
おぐらやさんの今年の干支「寅」です。

手のひらサイズの丸い体にちょっととぼけた表情が可愛らしいです。
加藤廉兵衛さんの北条土人形と並んで、たくみ工芸店の年末年始の顔となっています。





'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2010年 01月 09日 |
f0197821_13274834.jpg

2010年の最初のたくみ21は文芸研究家の竹内道夫さんを講師にお迎えした
「志賀直哉と鳥取」
です。

作家・志賀直哉と鳥取民藝美術館創設者の吉田璋也は親交が深く、
志賀直哉作品の中には鳥取を題材としたものもあります。

志賀直哉と鳥取の意外な関係を知りにいらっしゃいませんか?


『たくみ21』とは…

鳥取の文化や民藝などについて
「楽しく学び」、
食事をしながら講師を交えて
「楽しく交流」
する会です。

年会費等はありません。
どなたでも参加でき、参加したい時だけ会費が必要です。

どうぞお気軽にご参加ください。



::::::::鳥取民藝協会会員募集のご案内::::::::

詳細はこちらからご覧下さい。


'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ割烹店
電話 0857-26-6355
2010年 01月 05日 |
皆様、あけましておめでとうございます。

昨日の初売りに雪がなく、ほっとしたのもつかの間、今日の鳥取は朝から雪が降りました。
f0197821_1452640.jpg

西暦が2000年代に突入した年には、なんだか実感のないまま未来に来てしまったような不思議な気持ちになりましたが、あれからもう10年も経つのですね。

10年後も、人の手のあたたかさを忘れずに過ごしていたいものです。

お足元の悪いなか、早速ご来館、ご来店いただいた皆様、これからお会いする皆様、
皆様にとって今年という一年がすばらしいものでありますよう、お祈り申し上げます。


本年もたくみ工芸店、鳥取民藝美術館、たくみ割烹店をよろしくおねがいいたします。


f0197821_1341654.jpg

ショウウインドーの蝋梅はたくみ工芸店の初春の風物詩です。


'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2010年 01月 04日 |
鳥取民藝美術館では、4月より学芸員として働いていただける方を募集しています。

応募資格は下記のとおりです。
工芸や民藝がお好きな方、学ぶ熱意を持った方をお待ちしております。



※学芸員(美術)を募集いたします。

(応募資格)
1、美術が好きな方(民藝に興味をお持ちの方)
2、学芸員資格をお持ちの方(卒業見込・取得見込可)
3、パソコンが使える方(ワード、エクセル等普通程度に)
4、平成22年4月1日より勤務できる方
5、やる気のある方


●勤務先:鳥取民藝美術館
〒680-0843 鳥取市栄町651

●詳しくは、ハローワーク鳥取(電話:0857-23-2021)就職相談窓口にご照会ください。

●募集締切がありますので注意してください。

●尚、別途にアルバイトスタッフ(美術館の受付業務、2・3月のみ週3日程度)も募集中です。



※募集は締め切りました。




'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール