ブログパーツ
注目トピック
カテゴリ:たくみ割烹店( 18 )
|
|
2010年 04月 29日 |
4月13日のことです。
鳥取民藝美術館では企画展「祈りの工藝」の
展示替えの真っ最中でした。

5日間の展示替え期間には、展示はもちろん
後片付けや掃除など、様々な方にご協力いただいています。

作業の合間のお楽しみは、やっぱりごはん!
この日は山根窯の石原幸二さん、中井窯の坂本章さんとお弟子さんの安田さん
延興寺の山下裕代さん、前学芸員の前田環奈さん。
たくみ割烹店での昼食です。


f0197821_13171158.jpg



私たちは「松花堂弁当」注文チームと「ハヤシライス」注文チームに分かれました!
f0197821_13242077.jpg



私は「松花堂弁当」を頂きました。
地元のもので、旬の食材が中心のおかずが詰まっていて、「松花堂弁当」注文チームは
「美味しい!」を連発です。

松花堂弁当は毎日メニューが変えてあり(平日お昼のみ)
「昼食は毎日、たくみ割烹で」
という方も多いそうです。

美味しく、バランスもとれるし、彩りも美しい。
食後にコーヒーかフルーツも選べて、言う事なしです。


「ハヤシライス」注文チームも
美味しさに大満足。
割烹の安部一郎さんに伺ったところ、ポイントは鳥取牛、玉ねぎ、トマト、とのこと。
じっくり煮込んだハヤシライス。
ファンが多いのも頷けます。


こちらもコーヒーかフルーツを選ぶことが出来ますし、
サラダもついてます!


美味しい食事を頂きながら、話もはずみます。
たくみ割烹店のメニューや器に始まり
陶工さんたちにしか聞けないお話などなど…。

気持ちもリフレッシュして
満腹のおなかをさすりつつ、作業にもどったあの日でした。



(まる)



'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2009年 12月 12日 |
皆様、こんにちは。

中国地方の皆様、昨日NHKで放送された「あいたい」ご覧になっていただけましたでしょうか?

以前このブログでも収録風景をお伝えしましたが、
鳥取の手仕事が丁寧に、楽しく伝えられていて、とても素敵な番組になっていました。

再放送は17日(木)午前1時10分(16日深夜)だそうです。

さて、今回のブログは第二弾となるたくみ割烹味ごよみです。阿部料理長、どうぞ!
f0197821_16272822.jpg

『ブログをご覧の皆さんこんにちは。
たくみ割烹店店主のあべいちこと阿部一郎です。

この秋から思うんですが、最近若いお客さんが昼、増えたように思います。
ハヤシライス、カレー、牛すじ定食を中心にインターネット等でもとりあげられているみたいで、つい先日も女性誌の取材がありましたがメインはカレーライスでした。

以前は“しゃぶしゃぶ”の元祖となった当店のすすぎ鍋の取材がほとんどでしたが、最近は松葉ガニのみそ鍋とカレーが中心です。

そんなわけで今回は人気の鳥取和牛の味噌煮込みカレーを紹介します!
f0197821_16341927.jpg
カレーに味噌を使うということは実は昭和の初め吉田璋也をイギリスの陶芸家バーナード・リーチが訪ねた際、鳥取でカレーの実演講習会を開いたことに始まります。
この当時の新聞記事にヒントを得て、いろいろ改良して現在の

「鳥取和牛の味噌煮込みカレー」

が完成したのです。
f0197821_16384179.jpg
ただカレーの風味は強く、他の料理の香りを消してしまうので、鳥取民藝美術館の吉田館長と相談して昼限定のメニューとしました。


手作り福神漬けと鳥取福部産の大粒ラッキョウを添えて、召し上がれ! 』
f0197821_16411654.jpg


阿部さん、ありがとうございます!

付け合せはトマトサラダとお吸い物。
食後にはコーヒーかフルーツが選べて一人前1050円です。

味噌の風味も感じられしっかり味で、ボリュームも多いので、たくさん召し上がる男性でも満足できる内容だと思いますよ!

ちなみに写真撮影後はブログ担当スタッフが美味しくすべていただきました…
f0197821_1648663.jpg
おなかいっぱいです。
f0197821_16485824.jpg

来月の味ごよみもお楽しみに!



'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2009年 11月 08日 |
皆様、こんにちは。
今月より、ご要望も多かったたくみ割烹の情報を毎月お届けしていこうと思います!

その名も「たくみ割烹味ごよみ」
店主で料理長の阿部一郎さん書下ろしのレポートとともにお届けしてまいります。
第一弾の今回は鳥取の冬の王者・松葉ガニの登場です!
阿部さん、よろしくお願いいたします!
f0197821_1644636.jpg

「ブログをご覧の皆さん、こんにちは。
たくみ割烹店の店主・あべいちこと阿部一郎です。

今年も残すところ2ヶ月を切り、鳥取の冬の王者・松葉ガニの動向が気になる季節になってきました。
たくみ割烹では松葉ガニの鍋と言えば、“かにみそ鍋”というのを8年くらい前から出して好評いただいております。
f0197821_1613110.jpg
野菜は普通のかにすきの材料と同じですが(白菜、白ねぎ、春菊、えのき、はるさめ等々…賀露では白菜だけを使うところもあります)、鍋がまったく違うのです。

まず鍋につゆをはり、沸騰したら活きのよいカニの甲羅を鍋に浮かべます。

しばらくするとかにみそにゆっくりと火が入り、フワッフワッと甲羅からかにみそが真綿の小さなかたまりのような形で浮いてきます。

それをおたまでだしといっしょに掬い上げ、ミディアム状態でだしといっしょに食べます。
f0197821_16201131.jpg

うまい!!

これは本当に美味!!

その後は野菜とカニの足を入れていって、かにすきと同じようにいただきます。
はじめにかにみそを入れるのでだしは少し濁りますが、かえってかにみその旨味が野菜にしみこんでおいしいです。
もちろん最後はカニみそとカニの旨味と野菜の甘みが入っただしにご飯を入れて雑炊で〆です。
f0197821_1625527.jpg

この松葉ガニのかにみそ鍋は県外からのお客様にすごく人気があって、わざわざこれを召し上がりに来られる方がけっこういらっしゃいます。

そしてよく聞かれるのが、これは鳥取の郷土料理なの?
すると私が答えます。

「いえ、私・阿部一郎考案のオリジナル料理です」
f0197821_16355512.jpg

阿部さん、ありがとうございました!
記事をアップしているスタッフもなんだかお腹が空いてきてしまいました…


冒頭の写真左側に写っているカニは、実は“親ガニ”と呼ばれる松葉ガニのメスです。
一般に松葉ガニといわれるのはこれの二倍以上も体の大きいオスのカニですが、地元・鳥取の家庭の食卓には安くて旨味の詰まったこの親ガニがよく登場します。
f0197821_16461494.jpg
今回はブログのために特別出演してもらいました。
さすがは日本海の荒波にもまれただけあって、なかなか凛々しいお顔です…


それでは、来月のたくみ割烹味ごよみもお楽しみに!






'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2009年 07月 02日 |
皆様、こんにちは。
f0197821_13251586.jpg
梅雨の晴れ間に、鳥取民藝美術館前のハナミズキを七夕仕様にしてみました。

不恰好な短冊で、笹もないのですが…
七夕が近づくと、なんだかウキウキします。

ハナミズキを飾り付けていると、たくみ割烹店の厨房がなにやら賑やかです。
どうしたのでしょう?
f0197821_13315023.jpg
大きな寸胴が厨房から出てきました!(名物・味噌煮込みカレーなどをこれでつくるそうです)
他にも次々と…どうやら開店前の一斉清掃の様子。

たくみ割烹店といえば、先日新装開店したばかり。

ちょっとお邪魔して、改装部分などを写真に撮らせていただきました。
f0197821_13361872.jpg
f0197821_13365065.jpg

入り口を入ってすぐ、一つ目の手水鉢があります。

今回はお手洗いを中心とした水まわりの工事でした。

因州和紙の壁紙にはりかえて、綺麗になりました。
f0197821_1337754.jpg

こちらが、中井窯の特注の手水鉢です!

お手洗いに入ったお客様だけがご覧いただけます。

そして、背後を顧みれば…
f0197821_13383321.jpg
店主・阿部一郎さん直筆の謎の英文が注意を喚起しております。

あえて日本語訳はいたしませんので、どうしても意味が気になる方は英語の堪能な方に小声でそっと尋ねてみてくださいませ…





'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2009年 06月 08日 |
たくみ割烹店臨時休業のお知らせ

店内一部改装により、勝手ながら下記の期間、営業を休止させていただきます。
f0197821_1048561.jpg
期間  6月22日(月)~6月26日(金)午後4時

場所  たくみ割烹店 鳥取市栄町652

連絡先 たくみ割烹店 0857-26-6355

※休業中のご予約など、お問い合わせは、お電話にて承ります。
 期間中ご迷惑をおかけいたしますが何卒宜しくお願い申し上げます。

6月26日(金)午後5時より通常営業いたします。
通常営業時間…… 昼の部 11:30~14:00   夜の部 17:00~22:00
f0197821_10491289.jpg

改装場所は1階・2階のお手洗いです。

鳥取の自然と文化を採り入れた智頭急行「スーパーはくと」の洗面台にも採用されている中井窯の手洗い鉢を只今オーダー中です。(1階のみ)


'''''お問合せ先''''''
たくみ割烹店
電話 0857-26-6355
2009年 03月 19日 |
皆さま、こんにちは。
本日はたくみ割烹店の二階お座敷よりお届けします。
f0197821_15315283.jpg
じっとお食事の到着を待っております。

お箸とインドの韓国式スプーン、イランガラスのコップに入った水が載ったちゃぶ台の前で、今か今かと主役の登場を待ちわびる時間。
わくわく、そわそわする時間です。

今日はお天気がいいので、外からの光が気持ちいいですね。

そこへ…
f0197821_15365018.jpg
登場!
たくみ割烹店の昼の看板メニュー、ハヤシライスです!


ハヤシライスは、サラダ、吸い物、漬物+食後にコーヒーかフルーツが選べて、一人前1050円です。

今日のお吸い物は鯛のあら汁、サラダはトマトサラダです。
ラッキョウはもちろん鳥取名産の砂丘ラッキョウ。

柔らかく煮込まれた鳥取和牛がごろんと入っています。
ボリュームたっぷり、しっかりしたお味で、どなたでも満足して召し上がっていただけるのではないでしょうか。


たくみ割烹店で使用されている器は、ほぼすべてたくみ工芸店で取り扱いのある品です。

今日のうつわは


ハヤシライス…益子焼8寸皿(たくみギャラリーで「益子焼」開催中です!)

トマトサラダ…有田・大日窯4,7寸深鉢

漬物、ラッキョウ…因州・中井窯小鉢


冒頭のとおりコップはイランガラス。スプーンはインドの韓国式スプーンでした。
f0197821_1549340.jpg


昼のハヤシライス、

夜のすすぎ鍋、


たくみ割烹店の美味しい民藝体験を皆様もいかがですか。







そして、本日は記事を二度更新いたしました!
以前取材風景をご紹介した雑誌「サライ」が発売されましたので、ご一読ください。

パソコンの方はスクロールを、

携帯電話でご覧の方は一つ前の記事をご覧下さいませ。




'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ割烹店
電話 0857-26-6355
2008年 11月 20日 |
鳥取の街には今日、うっすらと初雪が積もりました。
秋だと思っていたのに、季節が過ぎ行くのは早いものですね。

こんな寒さが身に沁みる日には、温かい鍋物が恋しくなりませんか?

たくみ割烹より、おすすめメニューのご紹介です。
f0197821_1843453.jpg

たくみ割烹の看板料理といえばこれ、

しゃぶしゃぶの源流「すすぎ鍋」です。

店主で料理長の阿部一郎さんにご紹介いただきましょう。
f0197821_132113100.jpg
『一般にシャブシャブと呼ばれるこの料理はもともと「シュワヤンロウ」という、羊の肉を薄く切って沸き立っている湯の中へ入れ、すすぎ、香辛料の効いたタレに付けて食べる中国の回教徒の料理でした。

このたくみ割烹を開いた吉田璋也が、当時日本では手に入りにくく、なじみの薄かった羊肉を牛肉に、タレも胡麻ダレに変えて「すすぎ鍋」という名前で紹介したのが、もともとシャブシャブの源流です。

ですから、たくみ割烹では今も鳥取和牛のすすぎ鍋としてお出ししております。

f0197821_13551071.jpg
旨味と肉質に優れている鳥取和牛とたっぷり盛り付けた野菜を、手造りの辡油が入った50年変わらぬ胡麻ダレに付けてお召し上がり下さい。』

f0197821_1431291.jpgf0197821_1432854.jpg

ふつふつと湯気の上がる湯のなかに薄切りの牛肉をくぐらせるのは胸躍る瞬間ですね。
f0197821_14234755.jpg
青谷町の山根酒造で特別に醸造した

オリジナル純米吟醸酒「たくみ」で喉をしめらしつつ、というのはいかがでしょうか。

〆はうどんか中華麺をお選びいただけます。


f0197821_14292789.jpg
次回の「たくみ割烹 冬のおすすめ」も
寒い時期にピッタリの鍋料理が登場いたします。

ご期待下さい!

阿部さん、ありがとうございました!




※鳥取和牛すすぎ鍋
      ……(一人前)3,990円~





'''''お問合せ先''''''
たくみ割烹
電話 0857-26-6355
2008年 10月 13日 |
f0197821_11373454.jpg

住所:鳥取市栄町652
電話:0857-26-6355
FAX:0857-26-6356
営業時間:昼・11:30~14:00
      :夜:17:00~22:00



紹介記事:鳥取が発祥の地 「すすぎ鍋(通称しゃぶしゃぶ)」
因伯牛
を紹介するサイト。


鳥取たくみ工藝店ブログで詳しいご紹介もしていく予定です。
どうぞご期待下さい。