ブログパーツ
注目トピック
カテゴリ:たくみ工芸店( 167 )
|
|
2015年 07月 30日 |
こんにちは

 
  先週のブログで 少しふれておりましたように 
  先日、「工房ゆみはま」さんを 訪ねました。


  工房に入ると すぐ 
  天井近くに積んである綿の入った袋が 目に入りました。
  たくさんの白い綿 茶色の綿
f0197821_15211975.jpg
                             (がまぐち)
 

 
  それらは この弓ケ浜で栽培された伯州綿でした。

  繊維は他の綿に比べて短いのですが、品質はとても良いものです。 

  弓ヶ浜は 砂地であるため そこに適した綿作りが盛んでした。
  家族の為に 娘の嫁入り用にと 
  大切に育てられた綿は 絣織りや布団綿として 各家々で大事に保管されていたそうです。


  第二次大戦後、
  忘れられかけていた弓浜絣の復興に努めてこられた嶋田太平さんと悦子さんご夫妻。
  
  最初、弓浜絣の復興に尽力されたのは、
  嶋田悦子さんのお母様だそうです。
  
  昔の絣の布や絵絣の型を集め、また古い糸を譲っていただいたり。
  そうしたお母様 嶋田さんご夫婦のもとには ご近所の方々から
  「娘の嫁入り用にとっておいたのだけど、これも使って」っと
  たくさんの伯州綿が届けられたとのこと。
 
f0197821_15214533.jpg
                             (名刺入れ) 
 
  絵絣の型も見せていただきました。
  弓浜絣に用いられている縁起物の型、
  その当時の社会の風潮が伝わる型  
  それらも 型屋さんや紺屋さんから譲り受けられたものだそうです。

  
  現在代表をされている田中さんのお話をお聞きしていると 
  工房に嶋田悦子さんと角さんが戻っていらっしゃいました。
  
  嶋田さんは スタッフの方々の作業の前掛けを縫い始められました。
  くけ台に紐でつけられたかけはりで紺色の絣をピンと張り、
  一針一針くけながら、
  「習っていても、しばらくやっていないとうまくできないのよ。
   この人に教えてもらうのよ」っと スタッフの角さんを見上げられます。
  それに応えられる角さんの笑みも素敵です。

  
  ここにある全てのものから、
  この町の人々の想い、 
  嶋田さんのお母様、嶋田さんご夫妻の想いは
  田中さん、角さんをはじめ、この工房の皆さん、弓浜絣に携わる皆さんに
  伝わっていると感じました。 
   
f0197821_15221053.jpg
                               (テーブルクロス)   
 
 


   この日も 暑い一日でした。
   工房を訪ねた私たちは、帰り道 気温以上に熱くなっていました。  
   
 



   *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *
 
    今週末
    
f0197821_1628218.jpg

          米子市の アジア博物館・井上靖記念館物産館にて 開催されます。
               (主催:鳥取県弓浜絣協同組合



 *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

   ギャラリーたくみにて開催中!
           
                      「 ソバ器の会 」

            
                 7月24日(金) ~ 8月3日(月) ※水曜定休日
                 ギャラリーたくみ (鳥取たくみ工芸店2階)




  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

 (けい)

'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2015年 07月 06日 |
こんにちは

 
          明日は 7月7日"七夕”ですね。

            鳥取の空は、空気がきれいだからでしょうか?
            きれいに星が見えます。
            今年は天の川が見えるといいな~


          1年も半分過ぎて折り返し
          すっかり初夏の陽気がはじける日も増えてきました。
          今日は、この時期にぴったりの商品をご紹介させてくださいね。


          弓浜絣(ゆみはまがすり)の 「クールビズタイ」 です。

          鳥取県境港市の絣音(かすりお)工房さんで作られています。

          長さが38cmと20cmの2種類ありまして、


f0197821_15172872.jpg

          38cmのタイをワイシャツにつけるとこんな感じです。
          タイの裏に付いているボタンをシャツの首元のボタンホールにはめて、
          そのまま下までシャツのボタンをとめればOKです
f0197821_15181517.jpg

          襟元も見た目も涼しく、です


f0197821_15183189.jpg

          こちらの20cmのタイは、       
          内側にはめて襟元の空き具合を整えたら チラっと"かすり”が見える仕組み。







          柄も数種類ございますので、いろいろあててみてくださいね
       
         
          夏のおしゃれに いかがですか 

          
(なお)
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

   ※テレビ番組放送のご案内です
     
      NHK-BSプレミアム
              「美の壷」
         スペシャル番組にて
         日本各地の美しい工芸とともに     
         鳥取民藝を紹介してくださることになりました。
   
   

            番   組 : NHK-BSプレミアム
                     「美の壷」
                     『美の壷スペシャル 日本の美 再発見
                                    ~民藝が遺した美しきモノ~』


            放 送 日 : 平成27年7月11日(土)
     
       
            放送時間 :  夜9 時30分 ~ 11時
       

            番組HP : http://www4.nhk.or.jp/tsubo/

沖縄の織物や瀬戸の陶磁器、秋田の樺細工、盛岡の漆塗り 等々
         各地で作り続けられている工芸の数々が 紹介されるそうです。

         楽しみですね。
                       
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
         

'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
にほんブログ村

2015年 05月 11日 |
こんにちは


     きょうも ブログに来ていただいて ありがとうございます


     GWのお休みを避けて来て下さった方の多い週末になりました。
     鳥取で、ゆったりした時間を過ごしていただけましたでしょうか?
     

      
     たくみ工芸店の1階奥のコーナーでは、「小鹿田焼」の会をしております。
       
f0197821_1323967.jpg


     小鹿田焼は、大分県日田市皿山で約300年の歴史があります。
     しっかりしたかたち、表面に施された飛び鉋や打ち掛けなどの技法がうつくしい焼物に、
     全国の民陶の代表的存在になっています。

     工芸店には定番で並んでおりますが、
     今回の会でいつもよりたくさんの品を見ていただく機会になりました。

     どうぞゆっくりお手にとって ごらんくださいませ

 
 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


                    ~ 開催中の企画展 ご案内 ~


◎鳥取たくみ工芸店1階 ◎

                     「 小 鹿 田 焼 」

                   2015年4月24日(金)~5月18日(月)

                   ※5月13日は店休日です 


◎鳥取民藝美術館◎

    「 吉田璋也の新作民藝 -伝統と創造- 」

             階上展示 …  「 東洋の磁器 」

                   2015年4月24日(金)~9月13日(日)

                   ※期間中、毎週水曜日(祝日の場合は翌日)が休館日です 



 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇             
                

(なお)

'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
にほんブログ村

2015年 05月 07日 |
こんにちは

  4月末からの連休中は
  とてもお天気の良い日が多く、
  海の青、空の青、木々の新芽の緑が キラキラしていました。
 
 

  夏日もあったこの期間、
  いろいろな催しが開かれたり、地元のお祭もあったりと
  にぎわっていたようです。
 

  そして 民藝美術館のある通り周辺も
  4月24日~5月6日にイベントを行いました。      

  
  今月の2日には
  いつもお世話になっている ギャラリーそらさんの会場をお借りして
  「子どもの民藝~知って学んでお皿に絵を描こう!~」というワークショップを開催しました。

  出来上がったお皿を手にされたお子さん達の写真を見せてもらいました。

  どれも 線がいきいきとしていて、
  それぞれの世界がどこまでもどこまでも広がっています。

  みなさん ありがとうございました。


  さて、本日 5月7日(木)は 
  鳥取たくみ工芸店、鳥取民藝美術館は お休みいたしております。

  明日 5月8日(金)は通常通り 営業・開館いたします。

  どうぞ ご了承くださいませ。

f0197821_15555859.jpg

                 (美術館の入り口の鉢植えに 今年もこの花が咲きました。
                  見過ごしてしまいそうな小ささです。 名前を調べなくては…)


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

                    ~ 開催中の企画展 ご案内 ~

◎鳥取民藝美術館◎

    「 吉田璋也の新作民藝 -伝統と創造- 」

             階上展示 …  「 東洋の磁器 」

                   2015年4月24日(金)~9月13日(日)

                   ※期間中、毎週水曜日(祝日の場合は翌日)が休館日です 



◎鳥取たくみ工芸店1階 ◎

                     「 小 鹿 田 焼 」

                   2015年4月24日(金)~5月18日(月)

                   ※5月13日は店休日です       


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 

 (けい)
'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2015年 03月 23日 |
こんにちは


         先週は 各地で さくらの開花が宣言されましたね

  
         月日のうつりかわりのはやさに驚いていたら
         週末の鳥取も蕾のふくらみそうな あたたかい日がつづきました



f0197821_13572544.jpg
 



f0197821_13574297.jpg



         先日  お花を生けていただきました


         お宅から持ってきてくださった サンシュ ワビスケ ボケ の枝を
         手品のように ささーっと整えてくださって 見とれていました 
         工芸店のウィンドウなどに飾っています
         春の色がうれしげな雰囲気ですよ

         
         同じ日に 美術館の階段も 直していただきました
f0197821_16365758.jpg



         安心してお上がりいただけるようになりましたので 
         おでかけの途中にでも ぜひ お立ち寄りください



◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

    
  ●○●  ギャラリーたくみ ●○●  本日までの会
          
              春   の   染   織
 
              会期    平成27年3月13日(金) ~ 3月23日(月)

             営業時間  10時 ~ 18時

  ●○●  鳥取民藝美術館 ●○●  

         吉田璋也の新作民藝(家具・木工・吉田医院)

              会期    平成26年9月27日(日) ~ 平成27年4月19日(日)

             営業時間  10時 ~ 17時
  

   工芸店・美術館とも 水曜日は定休日のため、お休みです。 ご了承くださいませ。
   
  
◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇ 


(なお)

'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
にほんブログ村

椿
2015年 02月 19日 |
こんにちは


   先日、
   鳥取たくみ工芸店も鳥取民藝美術館も
   いつも大変お世話になっている方から たくさんのお花をいただきました。

   その中から 茶花の椿を ご紹介。   
  
f0197821_16212956.jpg

      これは 「アケボノ(曙椿)」といいます。
      由来は
      花の淡い紅色がほのぼのとして、曙の空であるかのようだから だとか。

      曙といえば、清少納言の 「春はあけぼの~」 を思い出しました。
          
      

  
f0197821_16262922.jpg

      こちらは  タロウカジャ(太郎冠者)。 ウラクツバキ(有楽椿)ともいいます。
      (隣りのつぼみは“アケボノ”です)
      「太郎冠者」というと 狂言の登場人物を思い出すのですが、 
      関係あるのでしょうか?  
      「有楽椿」の有楽は、
      織田信長の弟 有楽斎如庵(織田長益)が
      茶席の花として愛用していたことに因んでいるそうです。

      鳥取では 八頭郡八頭町の大樹寺さんにウラクツバキの大きな古木があります。

   
   たくさんの種類がある椿。
   まだまだ お花と名前を一致して覚えることができていないのですが、
   こうして、季節ごとに見せていただけて、とても楽しいです。
   
 


  
  
f0197821_16421033.jpg

  ふきのとうも あちらこちらで 顔を出しています。
  苦手だったのに 
  いつのまにか ふきのとうの苦味にも慣れていました。
  
 

  
  ちゃんと 春は来てますね。




(けい)

'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2015年 02月 12日 |
こんにちは


   
   本日 12日は木曜日なのですが、
   昨日11日祝日に開館しておりましたので、
   振替えて休館しております。
   どうぞ ご了承くださいませ


   今週初めは寒波に覆われ、とても寒かったですね。
   それでも 少しずつ日が長くなり、
   メジロなど小鳥の姿を見かけるようになり、
   とてもとても小さなことでも 春が近づいてきた感じがします。


   そんな小さなことの一つに 春色の封筒はいかがですか?
f0197821_11423022.jpg   
   
f0197821_11435722.jpg
  














   どちらも 鳥取の和紙 因州和紙でつくられています。(8枚セット ¥360(税別))

f0197821_13364648.jpg

                                      (帯です)


   
f0197821_11503797.jpg
また   
   角封筒も販売しております(こちらも因州和紙です) (8枚セット  ¥380(税別))

     
  
   このブログでも 何度かご紹介しておりますし、
   お店でご購入くださる方も多い商品のひとつです。
   
   手紙やはがき、写真 などを 
   こういうやさしい封筒で送られると 
   受け取られる方に 素直に気持ちが伝わりやすいのかも

   一筆箋や便箋も置いております。

   ときには 手書きの文字で お手紙 書いてみませんか?


 
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○  
  開催中です

     <ギャラリーたくみ>(鳥取たくみ工芸店 2階) 
     
  
             

                   益     子    焼
f0197821_1318738.jpg
               
                    
                 会 期    2月23日まで  (但し、18日はお休みです) 
                 時 間    10:00 ~ 18:00



    <鳥取民藝美術館>
             「吉田璋也の新作民藝(家具・木工・吉田医院)」
             「美を観る-雑誌『工藝』の世界(海外ほか)」


                会 期     4月19日まで  (但し、水曜日は休館いたします) 
                時 間      10:00 ~ 17:00

   
 ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○    
  
(けい)

'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2015年 01月 22日 |
こんにちは


  一昨日は 大寒でしたね。
  その言葉を聞いたり、文字を見るだけで かなり寒く思ってしまいました。

  寒い日は あたたかな色を目にするだけでも ホッとします。


  今日は たくみ工芸店の商品から
  ホッとする色の染め絵を。

f0197821_16503311.jpg


 
f0197821_16513350.jpg
 
  
 
f0197821_1651893.jpg
 

f0197821_1652540.jpg


f0197821_16514488.jpg


        すべて、柚木沙未郎さんの作品です。
   
        それぞれ お話が浮かんできませんか?
        1枚でお話を作っても
        5枚を一つのお話に登場させても 楽しいですよね。


  
        額入りの猫は 店内に飾ってあります。(販売しています)
      
        額に入っていないものは、お店のスタッフにお声をかけてくだされば、
        ご覧いただけます。  (販売しています  1枚 税抜き 3600円)


        
        この冬も インフルエンザが流行しています。
        どうか みなさんお気をつけてくださいね。        

(けい)
'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2015年 01月 05日 |
 高島屋京都店・大阪店で開催される文化催事『デザイナー芹沢銈介の世界展』に併せて大規模に開催される全国の『民藝展』の中に、特別枠として鳥取民藝のスペースを設け、新作民藝運動において大きな業績を残した吉田璋也(鳥取市生まれ、明治31年~昭和47年)を中心とした鳥取民藝の過去・現在・将来が俯瞰できる展示及び鳥取の民工芸品の販売を下記のとおり行います。
f0197821_1659960.jpg


(1)高島屋・京都店・7階催し会場(京都市下京区四条通河原町西入真町52番地)
  平成27年1月7日(水)~1月12日(月)(6日間)
(2)高島屋・大阪店・7階催し会場(大阪市中央区難波5丁目1番5号)
  平成27年1月21日(水)~1月26日(月) (6日間)
(3)展示品
  ①吉田璋也の新作民藝(昭和6年~昭和30年代頃、鳥取民藝美術館蔵)約10点(非買品)
  ②吉田璋也を受け継ぐ現在の民藝(22者)
  ③吉田璋也の運動を今日的に見直し継承する新たなデザイン(デザイナー1者+12者)
(4)出品者
 陶 芸 牛ノ戸焼、因州・中井窯、延興寺窯、山根窯、国造焼
 染 織 工房ゆみはま、西尾正道、山下健、田中文子,しまいべ織
 木 工 鳥取民藝木工、竹本木工、鎌谷木工
 家 具 新木コーポレーション、西山家具、ウッド・ファクトリー、新設家具
 和 紙 大因州製紙協業組合、長谷川憲人製紙
 金 工 大塚刃物鍛冶、ツリー・フロッグ
 ガラス ガラス工房北里
 その他 エヌ・シー(LED)
 デザイン 白岡崇(ヒョウ・デザイン)

'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2014年 12月 04日 |
こんにちは


             一昨日から グッと寒くなり、
             朝  
             あったかい布団から離れがたくなってきました。
             気合を入れるタイミングをはかったりして。


            さて、ひつじ年まであとひと月。
  
             年賀状の図柄では、
             12年前の編み物をしていたひつじが、
             今回はマフラーを首に巻いて登場していますね。
             ほほえましい


             そして、鳥取たくみ工芸店にも
             ほほえましい干支の置物が新しく入荷しました。   
    
 
f0197821_1529360.jpg
       
             信夫工芸店さんの 鳥取のえと です。(豆セット)


 
f0197821_15305110.jpg
   
              十二支揃ってます。   

              来年の干支 「未」 は お立ち台に。
              

   
  
f0197821_15315260.jpg
  
                                          (真上から)


 
 
f0197821_1535610.jpg

              「午」 には 鳥取 の文字

 


 
f0197821_15354315.jpg

              かっこいい 「丑」


              幅22cm × 奥行9.5cm × 高さ6cm
              の大きさです。
              飾りやすいですね。

              お店でご覧になってみてくださいね。


  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  
       開催中です!

         ギャラリーたくみにて
    
                    「 日本の染織 」 

                  
              平成26年 11月28日(金) ~ 12月15日(月)

   
           鳥取民藝美術館にて

           「 美を観る -雑誌『工藝』の世界(後期)-(海外他) 」 

                   平成27年 4月19日(日) まで


                 ※鳥取たくみ工芸店、鳥取民藝美術館ともに 水曜日は休
                   また、12/30 ~ 1/3 までは休業・休館いたします。
                   ご了承くださいませ。         

   ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇


(けい)

'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール