ブログパーツ
注目トピック
カテゴリ:鳥取民藝美術館( 238 )
|
|
2017年 03月 11日 |
こんにちは

鳥取民藝美術館別館・湖山池阿弥陀堂が国の登録有形文化財に登録されることになりました。
阿弥陀堂は鳥取市湖山池ほとりの高台に建っており、展望室の正面に見える津生島を阿弥陀仏に見立て、「阿弥陀堂」と吉田璋也が名付けました。
5月頃までご利用は出来ますので、鳥取民藝美術館にお申込み下さい(TEL.0857‐26-2367)。
尚、6月頃より改修工事を予定しております。
f0197821_11154879.jpg
f0197821_11155784.jpg
f0197821_11160833.jpg





'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2017年 02月 28日 |
鳥取民藝美術館 展示期間延長のお知らせ


現在、鳥取民藝美術館では平成二十八年度後期展示「文様の展開―願い祈り喜び愛でるー」および「吉田璋也の世界ー民藝とモダン」を開催しています。
当初のご案内では平成29年3月12日(日)をもって展示終了となる予定でしたが、この度展示期間を延長することに決定いたしました。

平成29年4月2日(日)まで現在の展示を開催しておりますので、お誘いあわせのうえお越しください。
(但し最終日の4月2日は14時閉館となります)

【新しい展示期間など】
平成29年4月2日まで
開館時間 午前10時~午後5時  
(但し最終日のみ14時閉館)
休館日 水曜日(但し祝日の場合は開館、翌日休館) 

2017年 02月 06日 |
2月4日にこども民藝館、第3回リノベーションスクール@鳥取「補習」を開催しました。


f0197821_1050159.png

f0197821_10502264.png

f0197821_10503782.png

こども民藝館とは第3回リノベーションスクール@鳥取をきっかけに生まれたイベントで、講師にブルースタジオの大島芳彦氏を迎え行いました。
実際に民藝の器を使ってみたり、雪靴を履いてみたりと、大盛況のもと終了しました。

f0197821_10512361.png

f0197821_10513715.png

f0197821_10515195.png

また第3回リノベーションスクール@鳥取「補習」では前回のリノベーションスクールの提案をブラシュアップするために行われました。結果として素敵な提案をいただき、今後も一緒になって民藝が日常になるように広げていこうということになりました。
皆様ありがとうございました。

2017年 01月 22日 |
f0197821_107198.jpg


2月4日に開催される”第3回リノベーションスクール@鳥取「補習」”は定員に達しました。
たくさんのご応募ありがとうございました!
こども民藝館は残りわずかとなっています。
ご応募お待ちしています!

2017年 01月 12日 |
f0197821_13364238.png


鳥取民藝美術館の収蔵品など民藝品の実物などを示しながら、「民藝」というテーマを通して、モノの見方や日常の生活や文化に対する考え方をわかりやすく解説し、新たな気付きを得る機会を提供します。
定員親子8組、締切は1月28日。
皆様のご参加お待ちしています!

【開催要領】
日 時 平成29年2月4日(土) 13:30~15:00
講座13:30~14:15 旧吉田医院(通常非公開)見学14:20~14:50 解散15:00
場 所 鳥取民藝美術館(鳥取市栄町651番地)TEL.0857-26-2367
参加費 大人1,000円/人 子供無料(資料代含む)
講 師 大島芳彦((株)blue studio)+木谷清人((公財)鳥取民藝美術館)
応募者 親子8組まで 5歳以上~12歳程度(親子で参加できる方)
申込先 鳥取民藝美術館(TEL.0857‐26‐2367)mingei@joy.ocn.ne.jp
締切日 1月28日

f0197821_13375896.png


また第3回リノベーションスクールのユニットCでプレゼンテーションされた「ユルミンゲイ」をテーマとした幼稚園の内容をブラシュアップするためのイベント第3回リノベーションスクール@鳥取「補習」を開催します。夜には交流会も行います。
定員7名、締切は1月28日。
皆様のご参加お待ちしています!

■第3回リノベーションスクール@鳥取「補習」
日 時 平成29年2月4日(土)9:30~19:15
    ※締切:1月28日締切
場 所 旧吉田璋也自邸
参加費 2000円(ランチ付)
定 員 7名
主催者 公益財団法人鳥取民藝美術館
申込先 鳥取民藝美術館(TEL.0857‐26‐2367)mingei@joy.ocn.ne.jp

■交流会
日 時 平成29年2月4日(土)19:30~21:20
    ※締切:1月28日締切
場 所 旧吉田璋也自邸
参加費 3000円(食事・ドリンク付)
定 員 7名
主催者 公益財団法人鳥取民藝美術館
申込先 鳥取民藝美術館(TEL.0857‐26‐2367)mingei@joy.ocn.ne.jp

2016年 11月 18日 |
11/19(土)、20(日)は関西文化の日参加のため鳥取民藝美術館は入館無料となります。
また民藝美術館以外でも鳥取県の様々な文化施設が無料で入館できます。
http://www.kansaibunka.com/bunkanohi/bunkanohi.php
今週末は様々な文化を感じてみてはいかがでしょうか。
f0197821_1682720.png

2016年 10月 21日 |
10月21日に発生した鳥取地方の地震では多くの方々よりお見舞いのご連絡等を頂き有難うございました。お客様・スタッフに怪我等はありませんでした。被害の状況はさほどではありませんが次の通りでした。
【鳥取民藝美術館】
展示品・収蔵品すべて大丈夫でした。
【たくみ工芸店】
棚の商品が数点破損。ほぼ大丈夫でした。
【たくみ割烹店】
大丈夫でした。
【童子地蔵堂】
上のお地蔵さんが一体落下しました。
f0197821_18132577.jpg


'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
2016年 09月 03日 |
f0197821_11353434.png


9月23日より鳥取大学にて「地域文化資産・鳥取と民藝」と題した公開授業講座が行われます。
民藝とは? 吉田璋也とは? 民藝とデザインとは?という内容の座学から実際に鳥取民藝を体感するバスツアーなど内容盛りだくさん。
どなたでも受講できます。
この機会に是非ご参加ください。

日時:9月23日(金)~26日(月)
料金:全日受講:7,400円
   ※2時限以内なら聴講無料
詳細:http://www.tottori-u.ac.jp/secure/13956/mingei2.pdf
   http://www.tottori-u.ac.jp/1683.htm

2016年 07月 11日 |
旧吉田医院を特別公開します。(1日だけ)
7月30日(土)午前10時~午後6時
入場無料

鳥取市瓦町504(鳥取民藝美術館正面前)
お問合せ 鳥取民藝美術館TEL.0857-26-2367
f0197821_16501262.jpg

昭和27年の鳥取大火で焼失した医院を吉田璋也が自ら設計して再建した建物です。木造塗籠め造り2階建て4層構造の特異な建物で、拭き漆などで統一した木の空間は、親しみを込めて患者や来訪者を優しく包み込んでくれます。通常は非公開ですが、このたび関西元気文化圏推進フォーラム「文化芸術の再発見」Ⅷに合わせて特別公開致します。
【関連事業】
鳥取民藝美術館 特別入館割引
7月30日(土)午前10時~午後6時
大人500円 → 300円 (70歳以上・大学生以下無料)
2016年 06月 25日 |


鳥取民藝美術館所蔵の吉田璋也デザイン作品3点が、現在、次の展覧会に出品されています。

「セラミックス・ジャパン 陶磁器でたどる日本のモダン 2016-2017」

この展覧会は、明治維新から第二次世界大戦までの約70年間に、日本で作られた陶磁器のデザインに注目するものです。日本中から陶磁器の優品が集められており、全出品作品は161件にも上ります。そのうち、当館所蔵の作品3点が、「第3章 発展・展開」のなかで紹介されています。

《緑釉黒釉染分皿》(牛ノ戸焼) 1931年デザイン
《並釉縁鉄釉紅茶椀皿》(牛ノ戸焼) 制作年不詳
《鉄釉平鉢》(牛ノ戸焼) 1935年頃デザイン

図録には、これらの作品と吉田璋也の業績が、見開き2ページで掲載(きれいなレイアウトです)。

f0197821_12252884.png


しかも、図録の裏表紙には、《緑釉黒釉染分皿》の中央部分がドドンと大胆にトリミングされています!
二色染分皿という呼び名でも知られているこの作品の、力強さや斬新さがよりいっそう引き立ちますね。

f0197821_12255594.jpg


本展は、以下の会期で4会場を巡回します。
お近くの方は、どうぞご覧くださいませ。

【岐阜会場】岐阜県現代陶芸美術館 5月21日―7月10日
【石川会場】石川県立歴史博物館  7月23日―8月28日
【兵庫会場】兵庫陶芸美術館    9月10日―11月27日
【東京会場】渋谷区立松濤美術館  12月13日―平成29年1月29日






〈ギャラリーたくみ〉
ソバ器の会
ギャラリーたくみ(鳥取たくみ工芸店2階)   
会期 平成28年6月17日(金)から6月27日(月)
   午前10:00 ~ 午後6:00
  ※水曜日は定休日となります。


〈鳥取民藝美術館〉
民藝運動の実践者 吉田璋也
民藝へのいざない

会期 平成28年9月11日(日)まで
   午前10:00 ~ 午後17:00
  (休館日:毎週水曜日)




(田中)
'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール