ブログパーツ
注目トピック
延興寺窯へお邪魔しました(前編)
2008年 11月 24日 |
秋も深まりつつある10月某日、
岩美町にある延興寺窯へお邪魔しました。

海岸線をぬけ、のどかな田園風景が広がる道を行くと、やがて登り窯のあるおうちが見えてきます。

延興寺窯の窯元・山下清志さんのお宅です。
f0197821_119153.jpg

山下さんは1978年にこの延興寺に窯を開きました。
今年で開窯30年。
4年前の2004年、沖縄読谷村での修業を終えた三女の裕代さんが作陶に加わるようになり、
父と娘、それに元気な奥様との三人四脚で生活のうつわを作り続けていらっしゃいます。

まず、ご自宅のなかにある展示室で作品を見せていただきました。
f0197821_11375647.jpg
f0197821_11494456.jpg

所狭しと並べられた、定番の白釉や黒釉の小品。

延興寺窯のものはいつもたくみ工藝店で見ていますが、
実際に作られている現場で、山下父娘のお話を聞きながら見るのはまた違った楽しさがあります。
f0197821_11512340.jpg

作業場も見せていただきました。

f0197821_1152439.jpg
ろくろの周りには、もちろん延興寺産の入れ物にはいった道具がたくさん。

作業場らしく雑然としているのに、静謐な美しささえ感じる空間でした。

f0197821_1225720.jpg
寡黙だけれど、ほのぼのとした人柄があたたかい山下親子。

凛として飾らない姿が美しい延興寺のうつわそのままのようなお二人です。



後編へつづきます。


※窯元で作品を購入することができますが、あくまで個人宅です。
 見学希望の場合は事前に窯元へ連絡することをお忘れなく!

 延興寺窯・山下清志……電話(0858)73-1219





'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工藝店
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
by t-mingei | 2008-11-24 11:45 | たくみ工芸店 | Comments(2) |
Commented by まりこ at 2008-11-24 14:49 x
お二人の笑顔がとてもすてきですね。器を使いながら作り手さんを思い浮かべて嬉しい気持ちになれることも、幸せなことだと思っています。
Commented by t-mingei at 2008-11-24 17:38
まりこさん、本当にそうですね。
あまり多くは語られないところが良く似ていらっしゃるお二人ですが、なによりその作品が、作り手さんの芯の強さと誠実さを物語っています。

こういうお仕事をしていて、役得だなあ…
と感じることのひとつです(笑)