ブログパーツ
注目トピック
吉田璋也デザイン作品、「セラミックス・ジャパン」展(岐阜県現代陶芸美術館)に出品中
2016年 06月 25日 |


鳥取民藝美術館所蔵の吉田璋也デザイン作品3点が、現在、次の展覧会に出品されています。

「セラミックス・ジャパン 陶磁器でたどる日本のモダン 2016-2017」

この展覧会は、明治維新から第二次世界大戦までの約70年間に、日本で作られた陶磁器のデザインに注目するものです。日本中から陶磁器の優品が集められており、全出品作品は161件にも上ります。そのうち、当館所蔵の作品3点が、「第3章 発展・展開」のなかで紹介されています。

《緑釉黒釉染分皿》(牛ノ戸焼) 1931年デザイン
《並釉縁鉄釉紅茶椀皿》(牛ノ戸焼) 制作年不詳
《鉄釉平鉢》(牛ノ戸焼) 1935年頃デザイン

図録には、これらの作品と吉田璋也の業績が、見開き2ページで掲載(きれいなレイアウトです)。

f0197821_12252884.png


しかも、図録の裏表紙には、《緑釉黒釉染分皿》の中央部分がドドンと大胆にトリミングされています!
二色染分皿という呼び名でも知られているこの作品の、力強さや斬新さがよりいっそう引き立ちますね。

f0197821_12255594.jpg


本展は、以下の会期で4会場を巡回します。
お近くの方は、どうぞご覧くださいませ。

【岐阜会場】岐阜県現代陶芸美術館 5月21日―7月10日
【石川会場】石川県立歴史博物館  7月23日―8月28日
【兵庫会場】兵庫陶芸美術館    9月10日―11月27日
【東京会場】渋谷区立松濤美術館  12月13日―平成29年1月29日






〈ギャラリーたくみ〉
ソバ器の会
ギャラリーたくみ(鳥取たくみ工芸店2階)   
会期 平成28年6月17日(金)から6月27日(月)
   午前10:00 ~ 午後6:00
  ※水曜日は定休日となります。


〈鳥取民藝美術館〉
民藝運動の実践者 吉田璋也
民藝へのいざない

会期 平成28年9月11日(日)まで
   午前10:00 ~ 午後17:00
  (休館日:毎週水曜日)




(田中)
'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
by t-mingei | 2016-06-25 12:26 | 鳥取民藝美術館 | Comments(0) |