ブログパーツ
注目トピック
「美しい」の向こう側 ―鳥取の染織1-
2010年 08月 17日 |

正藍で染め高機(はた)で織る伝統の手仕事が、今なお続けられている「弓ヶ浜絣」

f0197821_1255742.jpg



みなさん、こんにちは。たくみ工芸店では、こんなに愛らしい「がま口」を取り扱っています。

こういった小物類は、着尺を長めに織ったもので作られるとのこと。

絣はくくり染めによって織り上げられるのですが、

その経糸(たて)と緯糸(よこ)のおりなす「かすれ」、これがなんとも素朴で味わい深いですね。




こちらは、鳥取市の森原潔子さんの「しまいべ織」

f0197821_1342814.jpg



絣とは違い、藍で染めた木綿の糸、四本を、四本の踏木を使って、絵柄を計算しながら
機で織っていくそうです。

江戸時代の農民は、衣服に関して木綿を藍染にした紺色以外はご法度とされていました。

そういった制限のあるなかで、女性たちは少しでも美しく表現しようと
               藍染や、織柄などの技法が工夫発達していったのです。





たまには、「可愛い」や「美しい」の向こう側も一緒にのぞいてみましょう。



(まる)


'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
にほんブログ村
by t-mingei | 2010-08-17 13:15 | たくみ工芸店 | Comments(0) |