「ほっ」と。キャンペーン
ブログパーツ
注目トピック
旧・吉田医院一般公開のお知らせ
2009年 10月 06日 |
鳥取民藝美術館、たくみ工芸店、たくみ割烹店の創設者・吉田璋也が自ら設計した自宅兼医院「吉田医院」を、このたび鳥取民藝美術館の別館として一日限定で公開させていただきます。

f0197821_12371350.jpg

公開日時は

2009年11月1日(日)

午前10時~午後5時まで

◎無料公開ですが、一度のご入場は30名様までとさせていただきます。






旧・吉田医院は璋也亡き後も遺族によって平成2年まで運営されていましたが、閉院後内部は非公開となっており、その特異な建築や調度を懐かしむ声が患者や関係者から多く寄せられていました。


「民藝の心で医者をやって」いた璋也が診察用具など細部にいたるまで徹底した美意識でまとめ上げた旧・吉田医院は、彼の新作民藝運動を語る上でも欠かせない作品のひとつです。

2008年秋、開院当時を知る人や清掃ボランティア、民藝館通り文化村商店會のみなさんなどの多大なるご協力を得て、閉院後18年目にして初めての一般公開に踏み切ることができました。
一日だけの公開でしたが、多くの皆様にお運びいただき、たくさんの温かいお言葉を頂戴いたしました。

このたび、鳥取民藝美術館開館60周年記念企画展

「吉田璋也・新作民藝の展開」

の開催に合わせ、吉田璋也の手がけた新作民藝の“建築部門”を代表するものとして、旧・吉田医院の一部を限定公開いたします。

室内での安全のため、また皆様にゆっくりとご覧頂くため、入場制限をさせていただきます。
おいでいただく時間帯によっては、多少お待ちいただくことがございますが、ご容赦くださいませ。

f0197821_12383413.jpg

f0197821_12391067.jpg

f0197821_12395338.jpg


※清掃、防犯の関係上、公開は医院玄関から2階診察室までとさせていただきます。何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

写真は昨年の一般公開時のしつらいです。
現在一部の診察用具、椅子などは鳥取民藝美術館の企画展に展示中です。

鳥取民藝美術館企画展「吉田璋也・新作民藝の展開」は吉田医院の診察用具ほか、吉田璋也がプロデュースを手がけた新作民藝の数々を展示しております。

同時期にサンロードのギャラリーそらさんではたくみ工芸店監修の展示会も開催予定です。


吉田医院一般公開と合わせて、ぜひどちらもご覧ください。






'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
by t-mingei | 2009-10-06 10:16 | 鳥取民藝美術館 | Comments(2) |
Commented by まりこ at 2009-10-06 21:17 x
再び吉田医院が公開されるのは、とても楽しみです。
もしも可能なら、公開時間帯を決めて、入場整理券を配布すると少しは混雑が緩和されるかもしれませんね。
スタッフの皆さん、お疲れが出ませんように、がんばってくださいね。
Commented by t-mingei at 2009-10-08 10:17
まりこさん、ありがとうございます!

そうですね、昨年の一般公開のときはあまりの人出でゆっくりご覧いただけなかった方も多かったと伺っておりますので、今回は出来る限りその教訓を活かしたいと思っております。