ブログパーツ
注目トピック
小谷真三さんへ作品返却
2009年 09月 07日 |
皆様、こんにちは。
f0197821_10534039.jpg
このブログをいつもご覧の方や、熱心なファンの皆さんには冒頭の写真が何処かお分かりになるのではないでしょうか。

8月16日に閉幕した鳥取民藝美術館の特別展

「倉敷ガラス 小谷真三自選展」

は、まだ記憶に新しいところですが、去る9月2日、美術館スタッフと同展の企画・構成を手がけた久野恵一さんは、作品返却のため5ヶ月ぶりに倉敷の小谷真三さんの工房を尋ねたのです。

笑顔で迎えてくださった小谷さん、奥様、愛犬ウイスキー。
そして今回は息子さんで同じくガラス工芸家の小谷栄次さんもいらっしゃいました。

まずは小谷さんに改めて特別展の成功と無事に閉幕できたことをお伝えし、感謝の意を込めて全作品の写真リストと開催記録をお渡しします。

「うわあー、ありがとうありがとう」

と仰る小谷さん。こちらこそお礼を言わなければならないのですが、とても喜んでいらっしゃる様子にこちらもジーンと嬉しくなってしまいました。
f0197821_11122792.jpg
さあ、小谷さんとともに作品を開封して、一点一点確認していきます。
f0197821_1114275.jpgf0197821_1114412.jpg
「44番異常なし!」

開封されて次々姿を現すガラスたちに、生みの親の小谷さんご自身もワクワクなさっています。

「我ながらいい出来だなあ」

「これは、吹くとき、重くてなあ」

作品ひとつひとつにストーリーがあります。
f0197821_11584028.jpg
この初期のガラスコップなどはその最たるもので、倉敷ガラスの出発点とも言えるものです。
美しく洗練された作品ではもちろんないのですが、特別展でも、ヒビだらけのこのコップをご覧になって感激する方が多くいらっしゃいました。

確認作業も終盤に近づき、細々したものの確認に入ります。
f0197821_11351686.jpg
「これは、ぼくの宝物だ」
と仰るのは、1985年から1993年まで、約10年間作りためていらしたガラス玉を繋げたもの。
f0197821_1138286.jpg
f0197821_11384827.jpg
「昔のヨーロッパのガラスのような古いものに憧れて、あんなものが作りたいと一心に吹いていたら、その思いをガラスが酌んでくれる。」

小谷さんの作品のもつどこかノスタルジックな魅力にはこんな秘密があったのですね。
吸い込まれそうに美しいガラス玉です。

確認作業が終了し、小谷さん作のガラスコップに注がれた冷たい飲み物をいただけるという嬉しい一幕もありました。(感激しているばかりで写真を撮り忘れてしまいました…)


これまで幾度となく各地で展覧会をなさってきた小谷さんですが、小谷真三さんご自身の所蔵品だけで展覧会を開くという企画は、かつて無いものでした。
このたびそれが大成功に終わり、小谷さんにも本当に喜んでいただけて、幸せな倉敷再訪となりました。

帰路に着くとき、私たちの乗った車が見えなくなるまで手を振ってくださった小谷さんの姿が目に焼きついています。


f0197821_12133699.jpg
帰り道、車窓から見える空がもう秋でした。

倉敷ガラスが彩ってくれた今年の夏が過ぎていきます…


小谷真三さん、久野恵一さん、今回お世話になったすべての皆さん、ありがとうございました。




奥様の直子さんが昨年までたくみ工芸店のスタッフだったこともあり、
今回の作品返却は倉敷段通の瀧山雄一夫妻にも手伝っていただきました。

久野さんが主催する「手仕事フォーラム」の会員でもある直子さんが、フォーラムのメンバーブログでこのときの様子を更新なさっているので、こちらもぜひご覧ください。

手仕事フォーラムブログ




'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
by t-mingei | 2009-09-07 12:17 | 鳥取民藝美術館 | Comments(4) |
Commented by りえ at 2009-09-07 22:48 x
久野さん、木谷さん、かんなちゃん
無事返却お疲れさまでした。
硝子達の故郷に帰宅する様子を一部始終見せていただくと
小谷さんの作品に対する熱い想いと愛情を感じます。
こんなに大切な宝物を沢山貸していただいた事に心から感謝いたします。
直子さんご夫妻いつもありがとうございます。

Commented by なおこ at 2009-09-08 12:29 x
美術館の皆さま、お疲れ様でした。
この度は、ご一緒させていただき、とても嬉しかったです。

本当に、小谷さんの想いのこもったあたたかな宝物のガラスに囲まれ、いつもより少しゆったりとした時間の中にいたような、幸せな時を過ごさせていただきました。
ありがとうございました。

綺麗な空ですね。
秋の訪れを感じますね。
スタッフの皆さん、今年は夏期学校などの行事もあり、お忙しい夏だったことでしょうね。
お体にお気をつけて…。
Commented by まりこ at 2009-09-08 19:34 x
展覧会は返却までがとても重要なお仕事といいますが
本当にお疲れ様でした!

小谷さんが喜ばれたこと、それは最高の展覧会です。

皆様お疲れが出ませんようにお体をお大切にしてくださいね。
Commented by t-mingei at 2009-09-10 10:13
りえさん、なおこさん、まりこさん、ありがとうございます。

194点すべてが無事に里帰りした瞬間はほっとしました。小谷さんの作品や仕事に対する愛情の深さには、多くを学ばせていただいたという思いです。
倉敷ガラス展の後を引き継ぐ展覧会も、それを生かしていけたらと思っています。

なおこさん、倉敷遠征の折にはいつも助けてくださって本当に感謝です!