ブログパーツ
注目トピック
山根窯へ見学に行きました(後編)
2009年 05月 21日 |
(前編)より続きます。


作業場を見せていただこうと外へ出ると、小雨が降り始めていました。
f0197821_1259789.jpg
f0197821_134258.jpg
ハルも犬小屋で雨宿りをしていましたが、玄関から石原さんが出てくるのを見るなり、このとおり。
f0197821_1305298.jpg
石原さん曰く「麻呂みたいな眉毛」がチャームポイントの男前です。
f0197821_134387.jpg

f0197821_12213081.jpg
では、大人しくなった番犬ハルのむこう側、石原さんの作業場を見せていただきましょう。

入り口にはこんな陶板の表札が。
f0197821_15443633.jpgf0197821_15445930.jpg
f0197821_1615217.jpg朗らかで温かい印象の山根窯作品と石原さんですが、やはり作業場の空気にはストイックなものが感じられます。

石原さんのお使いになるろくろです。

傍らの壁には民藝の祖・柳宗悦が唱えたという「工人七原則」を記したものが掛けてありました。

「ドンナ品物ヲ拵エルカ、
 ドンナ材料ヲ用ヰルカ、
 ドンナ道具ヲ使ウカ、
 ドンナ技術ヲ有ツカ、
 ドンナ創造ヲ示スカ、
f0197821_1549431.jpg ドンナ状態デ働クカ、
 ドンナ精神デ作ルカ」

成形したての鉢や皿が、静かに次の工程を待っている様子を、七原則が見守っています。
ものづくりの凄みを感じる空間です。

f0197821_1632228.jpg
山根窯の登り窯。
この場所ですべての山根窯の作品が生まれていきます。


お休み中の今は静かなたたずまいを見せていました。


登り窯といえば、石原さんのお宅に、山根窯の景色を描いた素敵なイラストがありました。
 ↓ 実はこれ、昨年鳥取を訪れたイラストレーターの安西水丸さんから石原さんへ届いた絵葉書だそうです。
f0197821_13134734.jpg
山根窯の大ファンである安西さんは、昨年初めて窯元の石原さんを訪ねられました。

(安西水丸さん来鳥時のレポートはこちら)

安西水丸さんといえば、この夏鳥取で開催される民藝夏期学校の講師としてふたたびお招きします。
再会が楽しみですね。
f0197821_13235682.jpg

小雨降る中、傘をさしてお見送りしてくださった石原さんご夫婦。

ありがとうございました!


※窯元を訪れる際は事前に電話予約が必要です。
 山根窯・石原幸二……0857-86-0531





'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
by t-mingei | 2009-05-21 13:28 | たくみ工芸店 | Comments(0) |