ブログパーツ
注目トピック
お花をいただきました
2009年 03月 10日 |
皆様、こんにちは。
今日は、綺麗なお花をたくさんいただいたので、お店へおいでいただけない方にもご覧いただきたく、ご紹介します。
f0197821_12525222.jpg
虫食いひとつない可憐な乙女椿は、島根・湯町窯の共手のなまこ釉花器に投げ込みました。
現在、ショウウインドウで看板娘を務めてくれています。
f0197821_14313485.jpg
清楚なクリスマスローズ。
沖縄のさわやかなグラスにビー玉を沈めて活けました。
f0197821_14152667.jpg
曙と呼ばれる椿の種類だそうです。
つぼみはまん丸で可愛らしく、花開いた姿は美しくも野趣漂うところがあって魅力的な花です。
これは熊本・小代焼のなまこ釉片口に。
f0197821_13162829.jpg
こちら、手前の小鹿田の飛びカンナ猪口に入っているのはふっくら可愛らしい曙のつぼみ。
奥の徳利にはサンシュウという樹木の枝が差し入れてあります。


今回、乙女椿以外の花々をくださったのは、たくみ工芸店、鳥取民藝美術館が、創設者・吉田璋也のころからお世話になっている谷口和夫さんです。

谷口さんは大工として、璋也が設計した自宅兼医院の旧・吉田医院の建設に関わった方の一人で、生前の吉田璋也や当時のたくみ工芸店の様子などにも詳しい、まさに生き字引的存在なのです!

なんと、お茶やお花の先生でもあり(今回のお花はスタッフが活けましたが)、なにかと教えていただく事の多い、本当に頼もしい存在です。

昨年秋の旧・吉田医院一般公開時に、吉田医院の各所に活けられていた素晴らしい生花をご記憶の方もいらっしゃるはず。


颯爽と自転車に跨ってお花を届けてくださった谷口さん、ありがとうございました!
f0197821_14155134.jpg




'''''お問合せ先''''''
鳥取たくみ工芸店/鳥取民藝美術館
電話 0857-26-2367
お問い合わせメール
by t-mingei | 2009-03-10 13:32 | たくみ工芸店 | Comments(3) |
Commented by J at 2009-03-10 18:01 x
和夫さんって、とても魅力的な方ですね!ファンの一人です。
自転車に花・木材を乗せて、颯爽と通りぬける姿を時々拝見します!
Commented by 鳥取の光希 at 2009-03-11 09:36 x
素敵な生け方がたくさんあるんですね☆
自分でする時はいつも花瓶に生けていたので、目からウロコがポロリです(^O^)
Commented by t-mingei at 2009-03-12 11:10
Jさん、谷口さんのファンだったんですね!
とても気さくな方ですし、いつもさりげなくお洒落でいらっしゃいます。
スタッフも谷口さんにお会いできるのが楽しみなのです。

これはJさんと同じくファンということなのでしょうか…?!



鳥取の光希さん、ありがとうございます!
たくみ工芸店ではよく花器以外のものにお花を活けますが、気軽に楽しめてご家庭でもおすすめです。
活ける途中で枝から落ちてしまった花のつぼみなども、かわいいのでお猪口に浮かべたりして生かします。
まるで桃太郎の桃のようでなかなか可愛いです。

花器に限らず、自分のライフスタイルに合わせて、用途を限定せず工夫して使うというのは、民藝品をを楽しむコツかもしれませんね。